1/35 M48A3 パットン 1

どうも。
いやー本年もいよいよあと僅かになりました!で、何故か更新してみます。

前回宜しく、年末になっても80sのオールドスクールスタイル?を引きずってる当方ですが、やはり冬はコタツDEプラモ!
例よってMMシリーズ120番1/35 M48パットンタンク(発売は80年代)を作り始めました。
タミヤの白箱は一家団欒のリビングモデリングに最適で、プラ板箱組とかパテ盛り造形を行わない素組ならニッパとヤスリとデザインナイフ、そして接着剤という最小限のツールでグミグミ形になってきます。

足回りがだいたい決まったので数年前から作りかけ(リアクティブ装着で力尽きた)のM60と並べてみました。
a0160573_21284192.jpg

うーん、30年以上前のキットですが最低限のパーツ構成で組みやすく、実車の雰囲気をよく表現してあるのですが‥定番工作として車体前面装甲の先鋭化とトーションアーム基部の短縮とリベット追加(第一転輪のみ)、また履帯のエンドピンがフェンダーからはみ出すのでトレッドを狭くし、車高もダウンさせてみました。

毎度地味ですが最前後以外のトレーリングアーム可動も‥ほとんどストロークしません。
a0160573_21405247.jpg

さらにスプロケットホイールの肉抜き穴追加(M60の実車画像で3つと判明)とスリム化、シャシー後部にできる不可解な隙間も埋めておきましょう。あと、気持ちターレットも高くしてみました。

それにしても中学生以来のベトナムネタ!何しろリアルタイムでプラトーンショック直撃だったりするのでM113やらM577、M109にシェリダンも投入(購入)しようかな?と、学生時代できなかった物量作戦もアリかと、ついつい妄想が膨らんでしまい戦線拡大か軍縮か?という葛藤の年末だったりします。

とかなんとか、すーぱーぱっとん!
a0160573_2157157.jpg

こういう遊びは模型ならではですね。
それにしても、タンククルー問題は深刻ですね。とくにダサカッコいいタンカーズヘルメットのフィギュアとなるとアルパイン製あたりが無難でしょうか?(ちょっと大人しめですが)
あ、車高ダウンによって履帯がビロビロになってしまったので連結式導入は免れないでしょう!

という調子で本年最後のオマケ画像
オーラバトラーレプラカーンはこんなカンジになってます。
a0160573_22986.jpg

こちらはリビングで作業とはいきませんので作業机でチマチマやっていますが、脚部延長の法則から逃れられない所が無策ですね。そのうち関節処理の問題もあるんでしょうなあ‥(ABSボールマウント割ってしまいました)。

という所で、よいお年を。では!
[PR]
by sei-saku | 2014-12-31 22:13 | セーサクtanks US | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku