1/35(仮)IV号戦車と私

どうも。なんとなく珍しくも更新いたしますが、まずはこちら↓をご覧ください。
a0160573_12464296.jpg

おっ、また戦車か!もうサフまで吹いてる!といった状態ではありますが‥
コレ、10年くらい前(時期は失念)にチマチマ作ってたタミヤの4号戦車D型でして、
たまたま入手したカステンのロードホイールセットや、タミヤ改訂版H型のパーツを流用し、ガンプラ工作宜しく切った貼ったを全面的に繰り返しD型~E型にまとめようとしていたものですが‥
a0160573_13234681.jpg

今改めて見ると、定規で測ってない割には車体幅やターレットサイズが近代のスマートキットに近く、我ながら驚嘆したりもしましたが、ご覧のように溶接面の不備、装甲厚のリサーチは言わずもかな、ミッションを収める車体ノーズが長すぎたり、バスタブシャシーの高さが足らず、サスボギーが収まらないため足回りの接着を断念したり、結局、全体的に旧タミヤベースなのでディティール的に辛く封印状態になったものです。

次はこちら、4~5年前に作ったトライスター製の4号戦車B~C型です。
a0160573_1332480.jpg

この頃にはドラゴンからも短砲身の4号戦車が発売されバッティング大会が勃発、メーカーで味付けが異なるものの、キットオールインで問題なく作れる時代が訪れました。
a0160573_13375874.jpg

ノルマンディー二級戦線仕様でとっくに完成してましたが、フィギュアの不備でUPしていなかったので、オマケとして、もう一葉↑上げておきます。
色々詰めの甘い仕上がりですが、これで個人的短砲身への念は一旦収束いたしました。(つまり前述のD~E型の製作理由は消滅したわけです)

そんなカンジで、当方のようなニワカド素人にしても4号戦車は避けては通れない道でして、往年のタミヤ旧H型や繊細なイタレリF型への郷愁と畏敬の念はもちろんのこと、現在自宅の在庫でもグンゼの廉価版G型、ドラゴンスマートキットH型、プレミアム版ナスホルンなどそれなりに在庫しております。
そこで、現用鋳造戦車系の次はスクエアな物が作りたくなりなったので、現役最凶戦車M1も考えたんですが、現用が続くのもなんなので‥
a0160573_1347478.jpg

結局、在庫からチョイスし、組み始めたのはロングセラーであるドラゴン社の4号J型シャシーでした。
あの実は、当方、簡素化末期的なJ型が嫌いで、ずっとスルーしてまして、今更ながら初めて組んだのですが‥
コレ良くできてますね!

確かにスマートキットやトライスター、新版タミヤの部品と比べるとメリハリに欠けますが、寸法的にも全く問題無いですし、実車画像を見ると古い製品のディティールの方が質感は近かったりして、一部で酷評されてたワリには良くて驚きました。
a0160573_13573066.jpg

寸法的に問題が無い‥ということは他社部品とも互換性があるワケでして、画像のように在庫キットの余剰部品を流用してハイブリッドにビンボッチャマモデリングで作ってます。もはやM4戦車系のノリです!
途中、部品調達のランナーが多数過ぎてマスターグレードのガンプラを作ってる錯覚を起したりしつつも、足回りがだいたい決まってきましたので、そろそろ戦闘室の工作ですかね‥というところで、次回につづきます。
では!
[PR]
by sei-saku | 2015-03-28 14:07 | セーサクtanks GER | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku