1/35 T34/76 1942-43 1

どうも。いろはにセーサクです。
先日、数年ぶりに近所の喫茶店で自家焙煎オリジナルブレンドコーヒーを頂きましたが‥なんというか、
甘い香りの中に濃厚かつ芳醇な、まるで生クリームのようなコクを持ちつつも、ほのかな酸味と苦みを伴いすっきりホイホイ飲めてしまう。非常に個人的ツボを突かれた旨いブレンドコーヒーを久々に楽しみました。
いやー、ちょっとしたご馳走気分です。もはやセットのハンバーグ&ライスがオマケでした。
あ、職場ではネスカフェがぶ飲みしてます。

そんなこんなでブルム‥いや、すいません、T-34に鞍替えしてました。(もちろんアハトゥンクパンツァーは入手して謎は氷解したので、もう少ししたら再開いたします)
a0160573_1245762.jpg

えーっと、古き良きタミヤのT34-/76六角砲塔タイプの続きです。
このキットはバリエ展開もできてアクセサリーも豊富、オマケにイケメンタンカーズが付属した素晴らしいキットです。
ただ、バリエ展開のお陰で1942年~1944年頃までの様式をフォローしているので、ちょっと地味な工作に終始してしまいました。
a0160573_1373874.jpg

ウーム、ちょっと似てないかなー。
仕様としてはいわゆるソフトエッジの六角砲塔、キーロフスキー製タイプに変更しています。
どうも手持ちの資料ではソフトエッジタイプはキューポラ付きで44年頃のカットが多いのですが、今回はミッキーマウスタイプで作りたかった事と、六角砲塔は42年には投入されているのでタイトルは1942-43とさせていただきます。

製作にあたっては、グランドパワー誌別冊ソ連軍戦車のカムフラージュとマーキングという書籍と、古いアーマーモデリング誌のハラショーT-34記事を参考にしてナンチャッテ工作しでかしてます。
a0160573_1533895.jpg

前回開けた排熱?ファングリルは結局、真鍮メッシュを貼り付けました。あとエンジンルーフに取っ手付けましたが、適当な径の真鍮線を持ってないので洋白線を使ってます。
あとは増加タンクの移設と穴埋めくらいでしょうか。

‥といったところで、サフります。
a0160573_20354.jpg

ちょっと粗いですが、今回は素組に毛が生えた程度で謎探しも拘りもないので展開が早いですね。
車体側面のフックは真鍮線で作り直しましたが、精度的にツライです。荷物で誤魔化します。
a0160573_23068.jpg

そして正面。
アレー、やっぱ素組感バレバレ!
なんというか、キット純正だとフック目印穴や増設タンクに工具箱といった配置がT34/85的なので、地味に修正箇所が多い割に目立ちませんねー。(そういえば上下ハルを接着する際、フェンダー撤去で見える前面装甲のチリを合わせるためにバスタブ全面を幅増ししてましたっけ)とほー!

では次は塗装編です。あ、その前に荷物荷物‥。

※あ、未来のセーサク者ですが訂正します。文中ではなろーえっじとワケの判らん事を連呼していますので謹んで訂正させていただきます。
[PR]
by sei-saku | 2015-04-28 02:10 | セーサクtanks other | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku