1/35 Sd.Kfz.166 BRUMMBAR Late 4

いやーどうも。世間的にはコンカラー戦車がついにロールアウトされ、北の脅威T-10まで続々と開発される東西冷戦重戦車祭りなご時世、いかがお過ごしでしょうか。
当方はあいもかわらずドラゴン製90年代キット、ブルムベア後期型をまーだ作っております。
はい、というわけで復活しました。アハトゥンクパンツァーも揃ったことだし順調に‥
a0160573_22243323.jpg

はあ、かわってませんねえ。
資料と比較して改めてのキット所見としては古いながらもよくできてますねえ。
懸案だった戦闘室上面もダスティなソミュールの車両まんまですし、線画にもよく似てます。リリースのタイミングを見ても参考にしたのは一目瞭然で、なるほど昔から問題なくストレートに作られる方が多いのも納得しました。

とはいえ手遅れというかなんというか、すでに色々やらかしてるワケでして‥
a0160573_22493375.jpg

後部ハッチや排莢ハッチの造作ですね。それぞれテキトーなヒンジパーツを加工して開閉できるようにしてみましたが、ギミックのためゴツイ作りになってしまい多少ディティール的にスポイル気味です。
強度的にも今後、塗装まで持つかどうか微妙ですが一応ということで。
a0160573_2255870.jpg

ハッチ裏も資料を見ながら作ってみました。それにしても実物資料という、とりあえずの正解があると作業が楽ですね。

そうそう、戦闘室前面もチマチマと‥
a0160573_22575368.jpg

防盾リング?のナットはイメージを強調したくて3突のナットを移植しましたが、実物はワッシャーが数枚噛ませてあり、ボルトの先がナットからはみ出てません。ここは模型的ディフォルメという事で。(ナットに穴を掘る方法も試しましたがイマイチだったので妥協してます)
あとはリング周辺のカバー用フックの追加、主砲マウントも適当なガンプラのボールマウントを使って固定しております。

とまあ、ほとんど進んでないようですが、T-34の完成で一息ついたので結構やっつけ気味に進めるようになりました。
a0160573_2363825.jpg

戦闘室のダボ打ちも終わったし、そろそろ車体も履帯もくっつけてしまいましょうかねー!

ということで‥つづくです。
[PR]
by sei-saku | 2015-05-18 23:11 | セーサクtanks GER | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku