1/35 Firefly Ic Hybrid 2

ど、どうも。今更春眠暁を覚えず状態のセーサク者です。
さっそくですが‥
a0160573_21133346.jpg

ご覧の通りマホガ二ってみました。今回は意味もなくエアブラシレスペインティング、久しぶりにクレオスの缶スプレーを使ってみました。
かーなーり久々のクレオス缶ですが、タミヤスプレーと違いブバッと噴霧する感じで、瓶入りのマホガニーより白顔料成分が多いのか?隠蔽力も強く簡単に着色できますが、タミヤスプレーほど収縮してくれないので少々塗膜が厚くなってしまいました。

あ、その前に、本体の方も前回から少し装備を追加。
a0160573_211783.jpg

資料を見ると砲身にバンド?を巻いた個体があったので、さっそくマネてますが、ちょっとオーガニックな方向に振ってみました。

では筆塗り開始です!
a0160573_21592219.jpg

方法は以前のアキリーズと同じで、余ったミスターカラー混色の自家製カラーモジュレーション色を使っていますが、今回はハイライトと影色のトーンを強調してヌリヌリしています。
↑は影色塗ってる最中ですね。思ったよりスプレーの塗膜が強く、下地を溶かして馴染ませる作戦はイマイチな結果となりました。
ウーム、ぶっちゃけ下塗りはブラックのスプレーの方が早かったかも?1/35はやっぱ面積広くて面倒ですね。
a0160573_21245858.jpg

続いてジャンジャン明度を上げていきます。ラッカーなのでこの工程は早いですね~。
おっと、塗り方を忘れて危うくドライブラシになってしまう所でした!
a0160573_21284348.jpg

先ほどの画像とほとんど変わってませんが、激しい明暗差にビビりながら筆跡とコントラストを調整した所です。
途中タッチがキツすぎてエアブラシに逃げようかとも思いましたが何とかなったようです。こんなもんで良しとしましょう。

a0160573_21341842.jpg
後ろの荷物も塗り分けますが、こちらは修正の楽なファレホです。

だいたいこんなカンジで塗り終えましたが、ラッカー筆塗りの宿命によって表面はテカテカなので、乾き次第デカールも貼ってしまいます。
↓画像の下のほうにブラックブルが確認できると思います。第11師団所属の第29装甲旅団、ファイフ&フォーファーヨーマンリーの車両としてみました。
考証的にシャーマンICの配備状況と比べちょっと微妙ですが、履帯コレクターで有名な第1カナダ軍に編入されるちょっと前といったシチュエーションです。
(こういう設定は作りながら一応調べるんですが、塗装がひと段落すると次作の事を考え忘れてしまうので、忘れないうちに書き留めておきます‥)

ということで、基本塗装が終わりましたので、テカテカを消しましょう!
a0160573_21525723.jpg
ん~まあどうでしょう?筆と缶スプレーだけでもなんとかなった!

‥かなあ?個人的感想としてはビビってしまってコントラストが弱かったなあと。

では次回は汚し~仕上げ編で。
どうも最近よく寝てますが、翌月までには完成させたいものです。

ではー。
[PR]
by sei-saku | 2016-05-26 21:55 | セーサクtanks UK | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku