DRAGON BUST Complete

a0160573_00333616.jpg
どうもこんばんは、唐突にアップしましたが、労働の秋でもあり芸術の秋でもあります。
そう、ド田舎鳥取の地で年に一度のお祭り?ガンダム屋さん主催のイヴェント、ガンパクが今年も賑々しく開催されています!

いやー、いつもお店にはお世話になっているので、ヘボヘボながら当方もきったない戦車ばかりでなく何か別のアイテムをイヴェントの末席にでも‥
という事で、以前お店で購入したソフビキットを塗り塗りしてみました。

a0160573_00430575.jpg
まずはサフですね。当然ソフビ(PVC)なので、下地処理が必須です。マルチプライマーなど透明性のある物の使用も考えましたが、一部市販完成フィギュアと同様に無垢材のインジェクション成型(簡易?)部品があるため、パーティングラインの視認のため、グレーのプラサフ(ホルツ)を吹きました。

いやー、見事な造形で驚異的なモールドです。昔はここまで細密なソフビだとピンホールがあったりしましたが、成型も見事です。
とりあえずブラック吹いてみます。
a0160573_00492350.jpg
ライティングで陰影が出てますが、続いてなんとなく白を吹いてみます。
a0160573_00503825.jpg
あれれ、初期化してサフ状態に戻ってしまいました!個人的にはB&W技法をマネようと思ったのですが‥最近の白は進化してますねえ。
a0160573_00520980.jpg
またテキトーに赤を吹きます。確かフィニッシャーズのナントカレッドだったと思います。
当方はファンタジーのセンスが無いので安直に赤にしてしまいましたが、テキトーエアブラッシングでもしっかりモールドが映えますねえ、造形が確かな証拠です。

とかなんとか、当方は最近筆塗りに妙に固執しているので、こっから先は筆で塗ります。
a0160573_00562098.jpg
ウォーハンマーのガイドブックをカンニングしながらドライブラシします。
懐かしのメタルフィギュア塗装を彷彿とさせてなかなか楽しいですね。
赤ばっかりじゃ芸がないので、登頂は黒or茶色に振ってみませう、近所の文具屋で買ったアクリル絵具(安い!)でグラデを付けます。

引き続き、ファレホ、シタデル、アクリラ、アクリラガッシュ‥といった家にある水性アクリル塗料総動員でドライブラシをカサカサして、良きところで艶消しクリアコート、仕上げに油絵具のバーントアンバーでウォッシングすると‥
a0160573_00595012.jpg
徹夜をするまでもなくできました。
ベースは木目(導管)がモールドされているので、テキトーにウッド?風味としましたが、やはりテキトーすぎました。センスゼロです。

ちょっとアップで。
a0160573_01053737.jpg
そういえば目玉はグロスなので艶を出すワケですが、当方はクリアでもメディウムでもなくマイクロのリキッドデカールを塗りました。
もちろん意味はありません、単なる代替品です。

いやー、中学生以来のソフビドラゴン塗装でしたが、やはりファンタジーで大事なのは想像力だと痛感しますね~
ここまで素晴らしいキットをティーンネイジの頃に塗ったらさぞ面白かろう‥と、夢想しますが、そもそも当方には技術力ありませんでしたね!

といったところで、最後は背面の画像
a0160573_01403387.jpg
一応こんなカンジで、とくに意味はありません。では!








[PR]
by sei-saku | 2016-09-25 01:21 | セーサクothers | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku