1/16 Wiking Division Hungary

こんばんはどうも!気が付いたらもう春ですね、3月前になんとなく苦し紛れに更新します。
a0160573_22035747.jpg
突然ですがー、ドラゴンの1/16ウォリアーシリーズ作ってます。
えーと、こちらはSSヴィーキング師団所属の兵士で、1945年ハンガリーということは春の目覚め作戦時でもモデライズしてるんでしょうか。
ザックリ調べたところ、このキットはシリーズラインナップ最後期に発売されたようで、無垢の足パーツやらお顔のモールドやら手の分割やら初期のヴィットマンさんに比べ結構凝ってますね。

反対側です。
とーりあえず、ヴォルスタッド画伯の箱絵を見ながらあちこち切り刻んで再接着してみました。
はあ、毎度ビフォー画像が無いのであんましピンときませんねー(作ってる本人もスッカリ忘れてます)

おっと!
こちらも1/16ウォリアーシリーズのネイビーシールズ、カンボジアということはホーチミンルート妨害の軍事顧問団あたりでしょうか?
このキットはラインナップ初期なので、四肢が短く顔が小さいのでノビノビ作戦発動、腕も足も1mm以上伸ばし、顔も顎で延長したら口が開いてしまいました!

例によって反対サイドも‥
a0160573_22035713.jpg
冒頭のウィーキング兵に比べ薄着ですので、ファティーグの皺を結構彫り彫りしてますが、タイガーストライプを入れる頃には気にならないかもです。
個人的に以前作ったパットン戦車宜しく80年代末のベトナムウォーズムービーに感化されたクチですので、実物の軍装品やら馴染みも多くドイツ兵作るより楽しかったりしますが、模型市場的にはイマイチ盛り上がりに欠けますかね。

そういえばウィーキング兵の1/35版も昔作ってました。
a0160573_22035824.jpg
この時も箱絵に似せようとしてもちっとも似てないので、MP-44のスリングを方掛けしてしまいました。顔の塗装というか、顔の下処理が残念です。
ということで、意味なし比較‥
a0160573_22035770.jpg
まあ1/16スケールなら表情も作りやすいですね。もう戦争も末期、負け負け作戦の連続で師団にとって苦労の連続であった戦いの終わりも間近に迫った頃でしょうから、少しでも微笑ませたい所です。(あーでも親衛隊だ!)
右手はシガレットではなくシガーを持たせようと画策しておりますが、左手はアサルトライフルと同等の重さのプレシジョンベースを持ってセルフ確認したところ、キットのように曲げないと保持できない事がわかり、画像の撮影後に再切断しました。

んで再接着、いや、最初にまっすぐにしたので再々接着ですか。
a0160573_22035861.jpg
この後、ヒートペンで皺を馴染ませていくワケですが、作り方的には子供時代に読んだ1986年のホビージャパン誌におけるマエストロ、ムッシュ越智氏のフィギュア改造記事と大して変わってませんなあ。

それにしても、例えプラモデルでも切断したバラバラ画像を載っけるのってレーティングに抵触するんでしょうか?
あ、今回は以上ですー。

[PR]
by sei-saku | 2017-02-28 23:02 | セーサクtanks other | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku