1/35 A34 Comet 3

タミヤのバレンタインは驚異的ですね~、複雑な車体がバラバラ分割なのにパスパス決まる‥すっ、スゲエ(ゴクリ)。

てなこって、既に仮UPしてしまった香港はブロンコ製1/35クルーザータンクA34コメット製作の事後報告です。
a0160573_23571212.jpg
前回はちょっと違う防盾形状やリアデッキの改修が終わり、だいたいのバランスが見えてきた所なので更に進めませう!
とゆーか、大会期日まで逆算するとそろそろ諦めモードに入らないと間に合わないという!

a0160573_23571357.jpg
まずは上面、グレーの成型色に点在するグリーンの部品‥そう、ブロンココメット最大の弱点、旋回式No.13/6 Mk.Iペリスコープと外周ガード及びカバーは他キットから流用。なんというジェントリーモデリング!と、見せかけてコレ、AFVクラブのチャーチルなど余り部品として多めにセットされているのでチマチマとストックしていた物を使っています。ハイ、当方は労働者階級労働者なので。
また、No.1コマンダーズキューポラもAFVクラブのチャーチルより。これもMk.VII未満なら使わなくて良い部品です。
ピンボケ画像ですみませんが、この期に及んでまだ防盾形状弄ってます。
余談として、キット状態だと設計上のミスで砲身の仰角が取れませんが、わりと皆さんスルーしてますね。

a0160573_23574349.jpg
リアデッキ周辺ですね。今回リアパネルのフックは現存車輌は歪んでいるし、時短効果も狙ってプラ材を使いましたが、ちょっと精度に欠けますね。荷物ロープも架けられないしで反省点でもあります。
また、前回取り替えたハッチのロックモールドですが、フィル先生の記事ではしっかり交換されていました。
それと①皆様ご存知かと思いますが、砲塔後面付近(画像だとコマンダーキューポラ横)の場所にはフックが付いて予備履帯を掛けるようになっています。もちろんキットにはリベット状のポッチモールドがあるのですが、これ幸いにとガイドにしたら見事に下過ぎました。
それと②割りと目立つ後部デッキ周辺のフェンダー分割線ですが、面一にしようかと現存車輌の画像を確認したら、分割部分はクリスチー式サスが
内包されたシャシーの一部でして、キッチリ溶接跡がありました。なのでタミヤのクロムウェル共々こんな分割なんですねー。(万全を期するならドライバーハッチ位置まで筋彫るのも良いでしょう)

a0160573_23574321.jpg
後輪駆動のクリスチー式戦車といえば、グリスポイント?も忘れずに‥適当な流用パーツがないので毎度のプラ材です。


で、ずーっと外しておいた砲塔雑具箱はまたしてもジェントリー!いや、もはや爵位級モデリング⁉
a0160573_23571233.jpg
はい、ポーランドはアーマースケール社のエッチングパーツを奢ってみました‥って、コレ、昨年のホビーショーでMSモデルさんのGB福袋に偶然入っていた物で、今使わないでいつ使う?状態なので、グミグミと組んでみました。
もちろんキット純正の分割式ノルマンディーカウルも前座としてグミグミと‥いや、全く寸法が合わないのでブリブリハンダを盛って組みました。

あ、QF77mm砲の駐退器と閉鎖器をテキトーに作ってますね。それとスッカリ忘れていましたがスプロケットホイールのハブカバーを取り外した状態にしてました。こういう工作は作った本人が思い出さないと永遠に迷宮入りですね。

a0160573_23572712.jpg
で、そのエッチッング雑具箱ですが、こんなカンジでキッチリ組め、ちゃんと開閉してくれました。
(ただ、真鍮を曲げただけのヒンジなので調子に乗って開閉してたら見事に外れたので、開状態にしたまま塗っちゃいました)

もちろん組立にはハンダ付けメインの作業となりますが、一昔前のF1モデラーなら必修科目なので低温ハンダなどツール含め自宅在庫で賄えました。

a0160573_23571322.jpg
せっかく改修した防盾ですが、大戦型はカバーが付いてしまいます。
今時アフターレジンパーツも無さげなので、手っ取り早く?エポパテコネコネ‥気持ちタミヤのセンチュリオンのパーツをオマージュしましたがどうでしょう?
a0160573_23571303.jpg
ドライバーにも冬用ツナギを‥このような作業はタミヤエポキシパテの説明書に記載されています。フシのヌケやタイルの割れにも使えますね。

a0160573_23572626.jpg
a0160573_23574367.jpg
といった作業をチマチマやってたら、カタチになってきましたねー!恒例の車載雑具もテキトーに算段できましたし。
それにしても、エッチングパーツもスクラッチした防盾カバーも表面処理のため先行してサフっているので、全くアドバンテージないですね~。

次回はサフ~塗装編です。

[PR]
# by sei-saku | 2017-04-21 01:37 | セーサクtanks UK | Comments(0)

2017 春

いやー、前回の筆ペンあほマンガ絵のまんま放置しててすいませんです。ひっさびさで申し訳ありません、セーサク者です。
ここのところ労働と日常生活、そして作ること以外は少しでも寝る事を優先していたのでアホ日誌の更新もままなりませんでしたが、
今サブミットできている‥ということは、そう、A34コメット完成しました。そして今年も行ってきました中四国AFVの会2017at下関!

a0160573_22565997.jpg
て、いきなりショボくてすみません。ハイ、例の如く前座は当方の拙作ですねー。ウーム、昨年の反省がまるで生きてませんねー(というかトレンドに流され退化してる?)。
まあ、それはそれとして追々途中経過もUPしようと思いますので、さっさと個人的に気になった作品を挙げて行きませう!

昨年の関西大会同様、勝手にUPしてしまいますので、掲載に問題がございましたらご一報賜れば幸いです。

a0160573_22551191.jpg
えーと、1号戦車でしたっけ、グレーを通り越して最早セルリアンブルーなパンツァーグレーは鮮烈です。もちろんアクティブなアクションとグランドワーク、コマンダーのクオリティと緊張感、すべての要素がコンパクトな中に纏められています。

a0160573_22551098.jpg
カラーモジュレーションの手本のような作品。丁寧なグラデーションはため息が出ますね。昨年の関西大会に比べ、中四国大会は色彩鮮やかな作品が多いように感じます。それにしても、BT-○○というとエクレストン御大のモーターレーシングデベロップメントを連想してしまいます(ごペンなさい)。

a0160573_22551384.jpg
えーと、ミニアートのサルーンでしたかね。このサイズのソフトスキンは今や各メーカー秀作揃いのコンテンツなので、キット選択の良さが光っています。
車輌前に置いた工具箱の中にキラキラしたソケットレンチが転がっていて、フィクションによるリアリズムの演出という模型本来の表現方法の重要性を再確認いたしました。もちろん総合的完成度も高い作品です。


こちらも美しいアルケットの4号駆逐。一見、難解な塗装表現ですが木漏れ日の表現だそうで、かなりレイヤードな技法かつプログレッシブな塗装法は後に確立されたりするとネクストブレイクする可能性も秘めているので、今後も注目したいと思います。


a0160573_22551358.jpg
こちらはかなりコンパクトなSASジープ。北アフリカ~中東の日差しを思わせる淡い色調もさることながら、キットの古さを感じさせない丁寧な工作、そして後部キャビンにある無数のジェリー缶の間を這うチューブ表現が面白い‥と、思ったらエポキシパテ製だそうで、ハイ脱帽です。


a0160573_23053212.jpg
ついにタミヤからバレンタインII/IVが発売されましたね~。しかしこちらはAFVクラブ製、ミニアート兵がデサントしたスタンダードな構成のヴィネット。
砂漠地帯を連想させる淡い色調の中に、要所要所かなり鮮やかな色彩が入るフィニッシングはしっかり確立された作風を感じます。

a0160573_22551101.jpg
こちらはゲスト作品。膨大な作品数なのに全てにおいて適切な工作、そして統一された清潔感が圧巻だった作品群の中からIGBのべドフォードとICMルノートラック。
a0160573_22551270.jpg
単なる当方の趣味によるチョイスですが、信頼のブランドICMはもちろん、IGBキットも良さげですね。(というか作りたいです)

そして、最高賞を受賞された作品の一部分を‥
a0160573_22551275.jpg
数ある見所の中から凛としたヴェアマハト将校の表情が印象的でした。

とまあ以上、例年通り神々の降臨に委縮しまくりでお話しや教えを乞うどころでないコンフュージョン状態の一日+αが過ぎていきました。
毎度お世話になっている模型の会 轍 様メンバー各位、そしてミリタリーモデリングに携わる全ての方々、当方のような下等モデラーを毎度支えてくれている家族に感謝するとともに、平和である事の尊さを噛みしめながら〆とさせていただきます。

あ、そうそう、またUPしようと思いますが、当方は元F1モデラーでもありましたねえ‥
a0160573_22551222.jpg
 ↑ペヤング
では!

[PR]
# by sei-saku | 2017-04-19 01:28 | 日記雑記 | Comments(0)

1/35 A34 Comet 2

いやあどうも。連休ですね、もちろん序盤は仕事ですがー。
という事でブロンコのコメット戦車を作っていますの続きです。(前回はダベりばっかだったので)
と、ヒドイですね。いきなりアホ絵で失礼します。いや、今回もグレー一色の作りかけプラモ画像の連発なので、ちょっと気分を変えて‥て、やっぱりツートーンなんですけどねえ‥中学生ぶりに薄墨使いましたが、当時の方がまだ上手い、マンガあるあるでございましたー。

さて組んでいきます。組立に関してはAM誌にフィルグリーンウッド氏のレヴューが複数回載っていて、参考に作っているのでワリとサクサクと‥?
a0160573_19551761.jpg
キットは10年くらい前に発売され、昨年でしたかね?連結履帯をプリセットして再販されたグレー成型のバージョンです。
よって、基本設計も問題なく、足回りはパスパス組んで行けますが、その、車体上面パーツですね、以前作ったナンチャッテ試作クロムウェルに部品を供給したりして適当に切り離して収納してたお陰で、豪快に反りまくっていまして、補強兼ねて5mm角プラ材を裏側に貼り付けています。
ちなみに画像で二つ並べてある部品は牽引フックのダンパーで、アスカシャーマンの余剰部品があったのでトレード考慮中ですが、車重の関係か?リーフの数が違うので、キットパーツの合わせ目をしっかり埋めて使う事にします。
また、リアパネルパーツにフェンダーの部品が付いていて、ピン跡も目立つため切り離し、ギヤカバー付近のパーツもクロムウェル戦車のように不必要な部分はカットしておきます。
a0160573_19551860.jpg
こんなカンジにスッキリしてしまいました。排気グリルの反りがハンパないですが、排気ユニットボックス側面のリベットは大袈裟なのでカット、フィル先生のレヴューによると、無くても良さげですが、タイプによっては(Bスペックで補強されたのか?)存在しますので、デフのグリスアップポイント周辺共々リベットを追加しますかね。
それと画像では見えにくいですが、エンジンルーム上面のフックも交換するのでカット。ちなみにフック付近にあるピニオンギヤみたいなモールドが謎なので、調べてみたら実物はクロムウェルと同じモールドが正解なので、取り換え前提でカットしてしまいます。(各パネルのロック穴ですかね?)
‥‥このパネルレイアウトを見てようやく気が付きました。これ、クロムウェルのD~F型と全く同じじゃねーか!

すいませんニワカ者で、基本的な事すら知りませんでした。確かにスライド式のドライバーズハッチ、溶接型車体、開発生産はレイランド社という事で、ほとんどF型車体と変わりません。
あとは重量とリング径が増した砲塔用に若干車体を延長し、補強パネルにワイドフェンダー、重量増とパワーアップに対応してワイド履帯にロードホイールボルト追加と誘導起動輪の強化、更にリターンローラーを足したら見た目はコメットさん車体です。(いや車体装甲厚も変わってる?)
ちなみにクロムウェルから60%違うという記述も見られますが、フェラーリ641/2と642、マクラーレンMP4-13からMP4-14の違いに比べれば微々たるものに過ぎないレベルですねえ。
あ、皆さんは今更ご存知な話ですみません。

ではクロムウェルと同じなら‥と、ちょっと手が滑りました。
a0160573_19551706.jpg
イタレリ兵が楳図かずおタッチでズッコケてますが、クロムウェル風+αにドライバー&ガンナースペースをテキトーにこさえてみました。
成型色を見ての通りアカデミーM4/M10系の部品が大活躍してます。
ライドオーン!
景気づけにミニアートのAEC装甲車の部品も奢ってますが、まあ景気付けです。ハッチオープン状態で作りたいのでやらかしてみましたが、ほとんど見えなくなる事でしょう。イタレリ兵にも冬用ツナギが要りますね。

車体はこんなカンジなので車体上部と砲塔も進めますかね‥
a0160573_19551927.jpg
以前作ったクロムウェル同様、丸窓からドライバーがコンニチハしてます。
あ、砲塔といえば、キットノーマルだと防盾形状がちょっと違いますね。大戦型で作る場合は防水シールカバーがデフォルトなので、レジンパーツなどに換装するユーザーがほとんどだと思うので(フィル先生の記事もそう)、あまり突っ込む人が居ないように思いますが、知ってしまった以上つい‥ウーン、わりと直立しててドイツ戦車のようでもありますねえ。
とかなんとか、当方はアフターレジンパーツ未入手ながら大戦型を考えているので、カバーをパテってしまう事でしょう。

といったところで、改めて全体を見てみませう。
a0160573_19551746.jpg
記述漏れとしては、砲身長を少し伸ばしましたかね、ファイヤフライ用挽物砲身は在庫してて砲身長的にディフォルメの範疇でギリギリ使えそうでしたが、防盾付近のテーパーは如何ともし難く、使用を断念しました。
また、アイドラーホイールは再販分のプラスチックパーツですが、ハブは戦後型用のままなので、取り付ける際はオフセット量に気を付けると良いでしょう。
それと転がってるベサ機銃はAECより。

現状、そんなところですが、設計がちょっと古いとはいえ戦後型の実在車輌を取材してあるだけに、大御所タミヤと少々異なるアプローチでもコメットってこんなだよねーと、フツーに組むならまあ問題ない内容(主砲はフルサイズの17PDRですが)で、フィル先生の攻略法も予習していたのでサクサク進むと思ったんですが、例のごとくチマチマしてます。

以上、グレー模型日記でした。

[PR]
# by sei-saku | 2017-03-20 21:30 | セーサクtanks UK | Comments(0)

1/35 A34 Comet 1

ひゃー、すっかり春でございますね!
オッサン老い易くプラモでき難し、諸々ズボラしてる間に万年がんばれベアーズ初期状態だった我が玉蹴りチームも、ゴルチョフ補強後の瀬戸内ウォリアーズが如き快進撃!ついにリーグ無敗のチームを打ち破るまでに至りました。
んまあ、経験者の加入により、ゲームメーカーの層が厚くなって守り崩れなくなった感がありますね。もちろん当方は大した仕事してませんが。

とまあ、毎度よくわからない話から入ってしまいましたが、もうすっかり春なんです。そう模型イベントの春が到来してしまったのです!
まずは来月の中四国AFVの会から開幕し、近隣クラブ展を挟んで5月の静岡、さらに夏にはお世話になってる模型クラブの展示会があったりと、ウカウカできないシーズンが始まってしまいました。

そんな個人的に公私ともに慌ただしい時期を知ってか知らず知る由もないどこ吹く風で、AFVプラモ業界はイギリス戦車祭りが勃発してるようで、アミュージングホビーのコンカラー(安いのに普通に似てます)の出来に舌を巻いてる最中、1/35スケールのグル、タミヤがついにバレンタイン戦車を4月にブランニューキットとしてリリースするという情報とともに、往年の名作イタレリ製クルーザータンククルセーダーMk.IIIの復活!さらにマチルダ戦車のレンドリースタイプの発売と、のっぴきならないモデリング状況で発売前からテンパってしまっています。
まあ、当方のような万年ミーハーモデリスタにとってバレンタイン戦車はVM系キットをストックしつつも、良作かつ高いブロンコやAFVクラブ、ミニアート製品を見逃し三振してましたから、信頼のブランド、タミヤクオリティでの発売は思いがけない吉報だったのですが、クルセダーはイタレリのちょっと眠たいMk.Iと連結履帯をストック/プランニング中でして、手を出すか微妙なんですが、過去にトミーイタラエリ版を売り払った遺恨もあり、往年のシャープで繊細(当時比較)さを更にブラッシュアップしたキット内容はニワカ者の当方としてもちょっと気になりますね。(というか、本音はMk.I用に部品を流用したいなあと‥なので無理に必要というワケでは無いです。グレーに塗りたい人優先でどうぞどうぞ)

と、基本的にカムカムオーライ(←?)な状況なんですが‥そのー、マチルダはちょっと微妙、いや、MM300番を飾った秀作キットのバリエーションモデルですから皆さん諸手を挙げて喜ぶべきニュースなんですが‥そのー‥

あの、当方が以前製作途中だった仕様と丸被りなんですよー‥のクールポコ状態。
もちろん上陸前に250輌が海中に没した共産仕様で作る気はサラサラありませんでしたが、バトルオブアラス以来の上下出しエクゾーストにテールスキッド追加、高足サスとサイドスカートや防盾形状改修必須の初期か、ごついキャストフェンダーとスパッド付き履帯が特徴的なアジア仕様にするかさんざん迷ったもので、結局ブロンコ製の後期プラ履帯が手に入ったため、高足サスがギリギリオーケーかつ工作量の少ない後期の本国演習仕様で作らうと決めて地味地味に作業を進めてたんですが、せっかくだからとサイドスカートのヒンジを強化型にしようとしたのが運の尽き(そのままでも正解)、既存のモールドをすっかり切除し、4つリベットの片側11個あるヒンジの型取りマスターをいくつかチマチマ作っていたら昨年のササラモサラ状態に突入してしまい作業は頓挫、そのままお蔵入りとなってしまいました。
まあ、愛が足らなかっただけなんですけどね、結局、Mk.IVになって変化のあった車体上面の雑具(スコップじゃない方)も明確な資料見つけられないままでしたし。

なーんて、反省文というか敗者の言い訳はさておいて、冒頭の通りイヴェント向けアイテムをそそくさと始めます!
そう、巡航戦車の最高峰!クルーザータンクA34コメット!
a0160573_01022173.jpg
もちろん昨年度再販されたブロンコのキットなんですがー、
はあ、飛行機やらモナカフィギュアやら作り散らかしてた割にはいきなり進んでますね。フィギュアも煮詰まってきてますし、このままサクサクッと‥行かないのが弊セーサク日誌の本懐ですね~、ドライバーもイタレリ兵まんまですし!

ということで、ではー。

と、思ったら最後に前回のヴィーキング兵の続きを‥
a0160573_01022563.jpg
とりあえず個人携行品のクリアランスを調整してました。どうもインストラクションのイラストではガスマスクケースのストラップがメビウス状態で慌てましたが、バナナのケースも無事収まり、そろそろ皺の整理と表面処理‥と、いった所ですが、この辺で箱に仕舞っておきましょう。
一応ノルマモデリングなので、夏頃完成予定です。
あー、今回もグレー画像ばっかだ。では。



[PR]
# by sei-saku | 2017-03-15 01:19 | セーサクtanks UK | Comments(0)

1/16 Wiking Division Hungary

こんばんはどうも!気が付いたらもう春ですね、3月前になんとなく苦し紛れに更新します。
a0160573_22035747.jpg
突然ですがー、ドラゴンの1/16ウォリアーシリーズ作ってます。
えーと、こちらはSSヴィーキング師団所属の兵士で、1945年ハンガリーということは春の目覚め作戦時でもモデライズしてるんでしょうか。
ザックリ調べたところ、このキットはシリーズラインナップ最後期に発売されたようで、無垢の足パーツやらお顔のモールドやら手の分割やら初期のヴィットマンさんに比べ結構凝ってますね。

反対側です。
とーりあえず、ヴォルスタッド画伯の箱絵を見ながらあちこち切り刻んで再接着してみました。
はあ、毎度ビフォー画像が無いのであんましピンときませんねー(作ってる本人もスッカリ忘れてます)

おっと!
こちらも1/16ウォリアーシリーズのネイビーシールズ、カンボジアということはホーチミンルート妨害の軍事顧問団あたりでしょうか?
このキットはラインナップ初期なので、四肢が短く顔が小さいのでノビノビ作戦発動、腕も足も1mm以上伸ばし、顔も顎で延長したら口が開いてしまいました!

例によって反対サイドも‥
a0160573_22035713.jpg
冒頭のウィーキング兵に比べ薄着ですので、ファティーグの皺を結構彫り彫りしてますが、タイガーストライプを入れる頃には気にならないかもです。
個人的に以前作ったパットン戦車宜しく80年代末のベトナムウォーズムービーに感化されたクチですので、実物の軍装品やら馴染みも多くドイツ兵作るより楽しかったりしますが、模型市場的にはイマイチ盛り上がりに欠けますかね。

そういえばウィーキング兵の1/35版も昔作ってました。
a0160573_22035824.jpg
この時も箱絵に似せようとしてもちっとも似てないので、MP-44のスリングを方掛けしてしまいました。顔の塗装というか、顔の下処理が残念です。
ということで、意味なし比較‥
a0160573_22035770.jpg
まあ1/16スケールなら表情も作りやすいですね。もう戦争も末期、負け負け作戦の連続で師団にとって苦労の連続であった戦いの終わりも間近に迫った頃でしょうから、少しでも微笑ませたい所です。(あーでも親衛隊だ!)
右手はシガレットではなくシガーを持たせようと画策しておりますが、左手はアサルトライフルと同等の重さのプレシジョンベースを持ってセルフ確認したところ、キットのように曲げないと保持できない事がわかり、画像の撮影後に再切断しました。

んで再接着、いや、最初にまっすぐにしたので再々接着ですか。
a0160573_22035861.jpg
この後、ヒートペンで皺を馴染ませていくワケですが、作り方的には子供時代に読んだ1986年のホビージャパン誌におけるマエストロ、ムッシュ越智氏のフィギュア改造記事と大して変わってませんなあ。

それにしても、例えプラモデルでも切断したバラバラ画像を載っけるのってレーティングに抵触するんでしょうか?
あ、今回は以上ですー。

[PR]
# by sei-saku | 2017-02-28 23:02 | セーサクtanks other | Comments(0)
And baby, you'd better believe!
a0160573_20392079.jpg


ということで、どうも。ハイ、完成しておりますポーラライツ エースフレーリー 地獄の軍団LPジャケットバージョンキット!
ウーン、今更ながらこのキットって箱にサインがあるように、れっきとしたシグネチャーモデルなんですねー。

それでは前回の続きから‥

a0160573_20392108.jpg

顔を塗る前なので、微妙に前後してますが、エアブラシパートが終わり仮組んだとこですね。まあ、往年のヒデキを彷彿とさせますがー。

では、スペースマンのペイントを始めましょう!
例によってファレホ/ゲームカラーやシタデル、アクリル絵具総動員で塗り塗りしていきます。
て、画像ではイキナリ終わってしまってますね。もうロボコップでも助清でもありませんが、鉄拳っぽくはありますね。
前回懸案だった大きくなってしまった目はメイキャップにより案外目立たなくなりました。
しかしまあ、目を細めにしたオリジナルのスカルプティングをリスペクトするあまり、目の間隔まで弄らなかったので、ソックリさん度はちょっと低めです。
a0160573_20391992.jpg
ズラを付けた完成状態ならまあ十中八九エースフューレイですね。ズラもメイクパターンも76~77年風としてみました。
あ、そうそう、このキットは今を去る1998年発売の無塗装版キットで、てっきり当方はオーロラキットの再販かと思っていましたが、パチピタな嵌合のわりにオリジナルオーロラより劣るモールド、80年代までメイクギミックを引っ張ったバンドコンセプト、アルバムデストロイヤー発売当時のオーロラ社の経営状況、中古市場で旧版の存在が見当たらない、更によーく説明書を読むと原型師紹介とか載ってたりで、結局ポーラライツオリジナルの商品と思われます。
どうせ新規開発なら当方のようなニワカ者はドレッシードトゥキルバージョンだと渋いな~と思いますが、エースならラヴガンの腕組みVer.も渋いですね。

最後は毎度の意味なし背面画像。
a0160573_20392011.jpg
スクリューキッドなラフシルバー部は結局クレオスの隅入れ塗料で仕上げましたが、ちょっと小汚くなりました。
それと、メタリックミッドナイトブルーマイカの黒部も艶消しクリアでコートしてしまいました。案外、顔が生々しくなってしまったのでスケールモデルフィギュア的トップコートとしましたが、基本造形は牧歌的であり顔造形諸々中途半端ですいません。

さあ、とりあえず今月も完成品ができたので来月に向けてムーンレイカーモデリングを本格始動!と、行きたい所ですが‥
a0160573_23193617.jpg
こんなの買うてしまいました!んまあ、ムービーモデリングといえばムーンレイカーも同じなんですが‥
思わず在庫してるタミヤの1/20マクラーレンM23作りたくなりますね~

それではまた近日!


[PR]
# by sei-saku | 2017-02-22 21:48 | セーサクothers | Comments(0)

1/10 KISS Ace Frehley 2

こんばんはどうも。いやー、大雪当たり年ですか、無理はできる時に無理しましょう!

という事で、2月に入ってようやく更新、毎度ズボラでスイマセン、それではエースフレーリーのプラモデルキットの続きです‥

a0160573_23185348.jpg
ローック!!!!!
すいません、なんか違うものが乗っかってますが、実にストレートなロックンロールモデリングでベースの岩を塗ってしまいました。
一応、青やら黒やら茶色やらエアブラッシングしたような気がしますが、特に拘りや意味はありません。

引き続いて、体のブラックと顔や手の肌色をブバブバ吹きます。
肌色は何時ぞやのリー/グラント戦車製作時の適当調色サンドカラーをまんま吹き、髪はブルーを混ぜたブラック、衣装は画像で見るとブラック系となりましたが‥


a0160573_23185409.jpg
光を当てるとこの通り、指紋が!いや、マイカミッドナイトブルーメタリック‥これは昔々KISSメンバーがそれぞれソロアルバムをリリースした時、ジャケットイラストにアクセントのイメージカラーが使われており、ポールはヴァイオレット、ジーンはレッド、ピーターはグリーン、そしてエースはブルーというインパクトが個人的に強く、フツーのブラックカラーも面白くないかな?と、思い何となく使わない青を下塗りしたりパールを吹いたりクリアブラックとディープクリアブルーをコートしたりと意味不明な事をやらかしてみました。まあほとんど買ったけど使わない色のデータサンプリングですね。

なんて事をやってたらグロスブラックの塗膜も自然と厚くなってきますから衣装のシルバー部分を塗っていきましょう!
a0160573_23185477.jpg
これまたテキトーにマスキングして‥在庫のグンサン瓶入りシャインシルバー!いや、同様のギラさを持つラフシルバーを使ってみました。
(なんとなくシャインシルバーのクリアは濁っており、若干金属粉が含まれているようなので結局テスト吹きのみで使用せず)
とにかく金属的質感とは違うイメージにしたかったのですが、なんか一昔前のマクラーレンみたいになってしまいました。
まあ、足のギザギザモールドとか見てるとスクリューキッドのプラモデルかい!と、錯覚してしまいます。
そういえば乱入コンビのプラモってポリ関節導入したりして微妙にバランス良かったような‥。

あと、顔部品の面相のほうも進めたりで、ロボコップ改め‥

a0160573_23185192.jpg
助清っぽくなってしまいました!
もちろん彫り直したペインティングの筋彫り線があるので犬神系モデリングは回避できそうですが、ちょっとつぶらな瞳になってしまいましたね。
目と目の距離も近いし似てねー!もうちょっと整形するべきでした。

さてさて、長官はこんなカンジで冒頭の違う人と一味?の方もチマチマと‥
a0160573_23185383.jpg
リチャードキール氏扮するジョーズはずいぶん印象が変わってきました。どーもキャノンボール方面に行きそうな雰囲気ですが、若い頃の画像を見るとフンテラールに似てるような‥すいません、当方の勝手な所見です。

それでは、次回はジャガーさん完成編です。
あ、先日、ラジオでひっさびさにニューヨークグルーヴ聴きましたが、グラムっぽくもありますね!
では。

[PR]
# by sei-saku | 2017-02-14 00:25 | セーサクothers | Comments(0)

1/10 KISS Ace Frehley

おっと、まだギリギリ1月ですねっ!どうも、こんばんは毎度バカバカしいプラモ作り散らかし日記、突如更新してみます。

ビバ、デトロイトロックシティ!
a0160573_21023258.jpg
ええ、年始から作りかけてた北斗の‥もとい、ポーラライツ製エースフューレイ(エースフレーリー?)のプラモデルを進めてみました。
はあ、一見あんまし変化ないように思いますが、

前回にくらべると‥んーどうでしょう?大らかなアメリカンモナカキットの限界もありますが、いろいろ足掻いてる次第でござります。


ロボコップ⁉ いや、ズラを取るとこんなカンジです。で、その横のモップがズラです。
顔はとりあえず顎を重点的に弄りましたが、唇は中途半端になってしまいました。ギタープレイ中のエースはよく酸っぱそうな表情をするので、窄めた形にするのが一番なのですが、それを再現するとなると顔全体のサイズもバランスも変わってしまうので、パテ捏ねた方が早ェ‥状態となりますし、後年のノーメイク状態だと結構大きい口だったりで、それらのイメージで諦めましたが、もう少し顎をシャクレさせるとジョーペリーになってしまいますね。
モップ‥いや髪はもうヒートペン様様です。というか、一連のドラゴンビットマンなどモナカフィギュアプラモがマトモに作れるようになったのはヒートペンのお陰でして、5cm兵隊プラモのポーズが変幻自在だったり、イタレリやレベルなど平気で合わない飛行機モデルさえポリパテ生活することなく組めるようになったのもヒートペンのお陰様だったのでした。

そんなカンジで、パテる事無く全体のパーツが揃ったので‥サフります。
a0160573_21021378.jpg
ハロージャガー! やっぱり髪がモップ然としてて何ですが、元キットの事を考えると‥これくらいで勘弁して下さい。
あとは、細部キズや凹みに拾いパテを行い、ペーパーで仕上げればいよいよ塗装ですねー、果たして似てるのか。

そういえば、年始のネタシリーズ?として007プラモも買ってしまってましたね。キットの構成画像は端折りますが、童友社 ムーンレイカー で検索すると案外皆さんストックしてらっしゃるようで。
入手してしまった以上、ボチボチはじめようと思いますが‥当方、宇宙工学も航空力学もミノフスキー理論も知識はございませんので、シャトルパーツはドストレートにやっつけようと思いますが‥

a0160573_21021868.jpg


いやー、ロジャームーア卿かなり似てます!広川太一郎ファンとしてはこれだけで買い!レベルです。
それにしても箱絵にある3人の薄着美女達って本編ほとんど出てない‥。

と、今晩はここまで、また来月です。

[PR]
# by sei-saku | 2017-01-30 21:50 | セーサクothers | Comments(0)
a0160573_22001842.jpg

どどどうも、よーやく2017シーズン初完成品ですか、よーく休んでた(風邪&歯痛)割にドラゴンのお人形さんプラモ一個だけ‥
んまあ、仕事での作業以外のゴタゴタでテンパってたり、積ゲーのバイオ6をクリアしたり、龍が如く最新作をプレイしてる割にはなんとかでけました。

えーと、ドラゴンモデルの1/16タンクエース、戦車殺しの鬼戦車長ミヒャエル・ヴィットマン!
前回はサフ状態だったので、塗っていきませう。まずはセオリーの黒下地ですね。
a0160573_22002047.jpg
一応、分かりにくいですが、白吹いて陰影を強調してます‥久々エアブラシ起動させました。トホホ。
a0160573_22001611.jpg
まずは海軍Uボートクルー用レザージャケットの色目ですが、通常は黒→青系グレーのハイライトが基本のようですが、ズボンの色と被ってしまいそうなんで、暗色をブラウン(アンバー系)とし、明色はブルー系なんですが、補色?として間にマゼンタ系色を塗ってみました。イメージ的に油性ペンの黒インクみたいな感じでしょうか。
a0160573_23155294.jpg
いきなり顔塗れちゃいましたが、当方は毎度のファレホ、シタデル、アクリル絵具のチャンポンです。(基本原色ばっか買ってます)
今回はスケールが少々大きいのでプチ整形(キットの目はかなり細いので)して瞳のハイライトも頑張ってみましたが、表面処理の不備はいかんともし難いですね。
では組み立てませう‥
a0160573_22002754.jpg
ウーム艶が消えてない‥年末にクレオスの艶消しスプレーを切らしてしまいテカテカしててすいません。
微妙にキットをイジイジしてますが、んーどうでしょう。
キットのズボンはデニムともレザーとも取れる造形(成型の関係?)で、レザーやフェルト、カモフラのズボンならポッケを追加しなくてはならないので、手っ取り早くデニムっぽくディティールを追加し、90年代中期以降のインディゴ説で塗った事も無いので青く塗りました。
わざわざシタデルカラーの青を買って塗りましたが、あまりウォッシュを白くすると変なので、ほどほどにしました。
さすがにシュマイザーを組んで持たせて塗る元気はなかったのでヘッドセットを持たせましたが、適当に耳当て部分をディティールアップしたら、思い切り勘違いしてました。キットのままの方が正しいです。
また、コードは糸ハンダで追加しましたが、実物は赤っていうよりあからさまに茶色なので明るい茶色となりました。
a0160573_22001988.jpg
レザーの艶は良いんですが‥襟元は要反省会レベルです。インナーは色味が少ないので黄シャツとし、ついでに制服もカモフラタイプにしてみましたが、肩章/階級章の塗りがヘボヘボです。やはり塗装前にしっかり処理しなくては‥(ちなみに前回のサフ状態時、肩章を逆に付けてました!)

a0160573_22002821.jpg
あんまし意味の無い背面です。PPKホルスターがいいですね。ズボンの皺追加が手抜きなのでレザーでもよかったかなー、まいいや。
90年代中期以降ドラゴン社はこの1/16シリーズからアクションフィギュアに路線変更し、2000年代に1/35ミリタリーモデルに復帰し中国キット勢が世界を席巻していくワケですが、なかなか面白いラインナップだったなーと。今更ながらに思います。

とまあ、とりあえず本年度完成品第一弾が終わりました。今後はノルマモデリングを続々と作っていきたいと思いますが‥
a0160573_22001776.jpg
ハイ、ノルマモデリングとして前回のエースフレイリーと併せてバカプラモデルをユルく作ろうと思います。
一応、予習として映画も鑑賞しましたが‥映画のほうも大概バカですね。大金賭けてアクション!美女!ユーモア!アドヴェンチャー!‥正に真のエンターテインメントですね。

とゆーことで次回!


[PR]
# by sei-saku | 2017-01-22 23:11 | セーサクtanks GER | Comments(0)

2017 年始


あーけーまーしって、今更ですね。怒涛の2017シーズンが始まってしまいました!
まあやはりヒッチャカメッチャカで前途多難、相変わらずの思い付き作り散らかし日誌ではありますが何卒よろしくお願いいたします。

さて、年末だというのにモーターヘッドを作ってたような気もしますが、新年もさっそく作り散らかしてしまいました。
a0160573_21371948.jpg
ロ~ック!イジーストラドリン以外のガンズも来ることだし、ええ、やはりロックです。カチカチした固めのロック様なので、ハードロック。
景気よくロックンロールプラモでニューイヤーを明けてみました。
‥ああ現状、岩プラモですね。

パーツ状態。
a0160573_21374682.jpg
ロック宜しくイモーショナルで大雑把な構成です。
ちょっと見えづらいですが、平手パーツなど往年のバンダイ北斗の拳プラモ(バンダイの対決セットはイイ出来でした。再販しませんかね~)を彷彿とさせるランナー状態ですね。
それにしても上のロンドンブーツパーツはスレイドのメンバーじゃあるまいし‥

ええ、そうです。あのプラモデルです。ロックンロールオーバーでコールドジンなバックザニューヨークグルーヴなあのお方のプラモデルです。

a0160573_21371553.jpg
懐かしのジャガーさんです。

すいませんエース長官です。
いや違いますね、エースフューレイ、デストロイヤー(邦題 地獄の軍団)ジャケットバージョンのプラモデルです!
いやー、年末に中古店で入手してしまいました!もちろんポーラライツのリイシュー版ですが、NHK武道館ライブのブート版ビデオ(←時代がバレバレ!)にソロアルバム3枚を入手するほど浅マニアの当方にとってはロック&ロール&プラモなこのキットは避けて通れぬ道、以前からユルーく探してました。

が、無駄に長いこと生きてると色々あるもので、思いがけずジーン以外の三人をわりと近所で発見!とるもの取り合えず宇宙戦士を入手してしまいましたとさ。
(それぞれデーモン、スターキッズ、キャットマンを入手なされた方はシッカリ作ってやってください)

という事で、お正月休みは手元にあったALIVE!のアルバムを聴きながらコレ作ってました。
実は旧オーロラキット、転じてポーラライツのプラモは以前にも作りましたが、まあ大らかなキットで、先日のジュノーン宜しく接着面の盛大な隙間はデフォルトだと思っていましたが、このKISSプラモはかなりパチピタ、人体的プロポーションは総崩れながらプラモデルとしてはフツーに組める整合性で驚きました。

てなこって、それとなーくジャケット絵を意識してイジイジ‥

変化ないですね。相変わらず髪型が若かりし頃のスティーヴンタイラーですが、顔の造形がちょっとイイ味(当時はまだスッピンNGだったと思いますが、細い目をモデライズしているのは結構興味深いです)してたりですが、キットの方向性からあまり気合い入れない作りのほうが良いように思いまね。酒もドラッグもやらないフロントマン2人よろしく健康的に愉しみませう。

ところでトップ画像は90年代中ごろに発売されたドラゴンの1/16鬼戦車長。新年からサフ状態ですいません。
何時ぞやの欧州一危険男同様、ジミーに弄ってますが、なかなか良いラインナップだったなーと。
a0160573_21371747.jpg
次回はこちらの塗装編ですねー。年始最初の完成品なるか?
てことで、デワー。


[PR]
# by sei-saku | 2017-01-06 22:56 | 日記雑記 | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku