カテゴリ:セーサクothers( 21 )

And baby, you'd better believe!
a0160573_20392079.jpg


ということで、どうも。ハイ、完成しておりますポーラライツ エースフレーリー 地獄の軍団LPジャケットバージョンキット!
ウーン、今更ながらこのキットって箱にサインがあるように、れっきとしたシグネチャーモデルなんですねー。

それでは前回の続きから‥

a0160573_20392108.jpg

顔を塗る前なので、微妙に前後してますが、エアブラシパートが終わり仮組んだとこですね。まあ、往年のヒデキを彷彿とさせますがー。

では、スペースマンのペイントを始めましょう!
例によってファレホ/ゲームカラーやシタデル、アクリル絵具総動員で塗り塗りしていきます。
て、画像ではイキナリ終わってしまってますね。もうロボコップでも助清でもありませんが、鉄拳っぽくはありますね。
前回懸案だった大きくなってしまった目はメイキャップにより案外目立たなくなりました。
しかしまあ、目を細めにしたオリジナルのスカルプティングをリスペクトするあまり、目の間隔まで弄らなかったので、ソックリさん度はちょっと低めです。
a0160573_20391992.jpg
ズラを付けた完成状態ならまあ十中八九エースフューレイですね。ズラもメイクパターンも76~77年風としてみました。
あ、そうそう、このキットは今を去る1998年発売の無塗装版キットで、てっきり当方はオーロラキットの再販かと思っていましたが、パチピタな嵌合のわりにオリジナルオーロラより劣るモールド、80年代までメイクギミックを引っ張ったバンドコンセプト、アルバムデストロイヤー発売当時のオーロラ社の経営状況、中古市場で旧版の存在が見当たらない、更によーく説明書を読むと原型師紹介とか載ってたりで、結局ポーラライツオリジナルの商品と思われます。
どうせ新規開発なら当方のようなニワカ者はドレッシードトゥキルバージョンだと渋いな~と思いますが、エースならラヴガンの腕組みVer.も渋いですね。

最後は毎度の意味なし背面画像。
a0160573_20392011.jpg
スクリューキッドなラフシルバー部は結局クレオスの隅入れ塗料で仕上げましたが、ちょっと小汚くなりました。
それと、メタリックミッドナイトブルーマイカの黒部も艶消しクリアでコートしてしまいました。案外、顔が生々しくなってしまったのでスケールモデルフィギュア的トップコートとしましたが、基本造形は牧歌的であり顔造形諸々中途半端ですいません。

さあ、とりあえず今月も完成品ができたので来月に向けてムーンレイカーモデリングを本格始動!と、行きたい所ですが‥
a0160573_23193617.jpg
こんなの買うてしまいました!んまあ、ムービーモデリングといえばムーンレイカーも同じなんですが‥
思わず在庫してるタミヤの1/20マクラーレンM23作りたくなりますね~

それではまた近日!


[PR]
by sei-saku | 2017-02-22 21:48 | セーサクothers | Comments(0)

1/10 KISS Ace Frehley 2

こんばんはどうも。いやー、大雪当たり年ですか、無理はできる時に無理しましょう!

という事で、2月に入ってようやく更新、毎度ズボラでスイマセン、それではエースフレーリーのプラモデルキットの続きです‥

a0160573_23185348.jpg
ローック!!!!!
すいません、なんか違うものが乗っかってますが、実にストレートなロックンロールモデリングでベースの岩を塗ってしまいました。
一応、青やら黒やら茶色やらエアブラッシングしたような気がしますが、特に拘りや意味はありません。

引き続いて、体のブラックと顔や手の肌色をブバブバ吹きます。
肌色は何時ぞやのリー/グラント戦車製作時の適当調色サンドカラーをまんま吹き、髪はブルーを混ぜたブラック、衣装は画像で見るとブラック系となりましたが‥


a0160573_23185409.jpg
光を当てるとこの通り、指紋が!いや、マイカミッドナイトブルーメタリック‥これは昔々KISSメンバーがそれぞれソロアルバムをリリースした時、ジャケットイラストにアクセントのイメージカラーが使われており、ポールはヴァイオレット、ジーンはレッド、ピーターはグリーン、そしてエースはブルーというインパクトが個人的に強く、フツーのブラックカラーも面白くないかな?と、思い何となく使わない青を下塗りしたりパールを吹いたりクリアブラックとディープクリアブルーをコートしたりと意味不明な事をやらかしてみました。まあほとんど買ったけど使わない色のデータサンプリングですね。

なんて事をやってたらグロスブラックの塗膜も自然と厚くなってきますから衣装のシルバー部分を塗っていきましょう!
a0160573_23185477.jpg
これまたテキトーにマスキングして‥在庫のグンサン瓶入りシャインシルバー!いや、同様のギラさを持つラフシルバーを使ってみました。
(なんとなくシャインシルバーのクリアは濁っており、若干金属粉が含まれているようなので結局テスト吹きのみで使用せず)
とにかく金属的質感とは違うイメージにしたかったのですが、なんか一昔前のマクラーレンみたいになってしまいました。
まあ、足のギザギザモールドとか見てるとスクリューキッドのプラモデルかい!と、錯覚してしまいます。
そういえば乱入コンビのプラモってポリ関節導入したりして微妙にバランス良かったような‥。

あと、顔部品の面相のほうも進めたりで、ロボコップ改め‥

a0160573_23185192.jpg
助清っぽくなってしまいました!
もちろん彫り直したペインティングの筋彫り線があるので犬神系モデリングは回避できそうですが、ちょっとつぶらな瞳になってしまいましたね。
目と目の距離も近いし似てねー!もうちょっと整形するべきでした。

さてさて、長官はこんなカンジで冒頭の違う人と一味?の方もチマチマと‥
a0160573_23185383.jpg
リチャードキール氏扮するジョーズはずいぶん印象が変わってきました。どーもキャノンボール方面に行きそうな雰囲気ですが、若い頃の画像を見るとフンテラールに似てるような‥すいません、当方の勝手な所見です。

それでは、次回はジャガーさん完成編です。
あ、先日、ラジオでひっさびさにニューヨークグルーヴ聴きましたが、グラムっぽくもありますね!
では。

[PR]
by sei-saku | 2017-02-14 00:25 | セーサクothers | Comments(0)

1/10 KISS Ace Frehley

おっと、まだギリギリ1月ですねっ!どうも、こんばんは毎度バカバカしいプラモ作り散らかし日記、突如更新してみます。

ビバ、デトロイトロックシティ!
a0160573_21023258.jpg
ええ、年始から作りかけてた北斗の‥もとい、ポーラライツ製エースフューレイ(エースフレーリー?)のプラモデルを進めてみました。
はあ、一見あんまし変化ないように思いますが、

前回にくらべると‥んーどうでしょう?大らかなアメリカンモナカキットの限界もありますが、いろいろ足掻いてる次第でござります。


ロボコップ⁉ いや、ズラを取るとこんなカンジです。で、その横のモップがズラです。
顔はとりあえず顎を重点的に弄りましたが、唇は中途半端になってしまいました。ギタープレイ中のエースはよく酸っぱそうな表情をするので、窄めた形にするのが一番なのですが、それを再現するとなると顔全体のサイズもバランスも変わってしまうので、パテ捏ねた方が早ェ‥状態となりますし、後年のノーメイク状態だと結構大きい口だったりで、それらのイメージで諦めましたが、もう少し顎をシャクレさせるとジョーペリーになってしまいますね。
モップ‥いや髪はもうヒートペン様様です。というか、一連のドラゴンビットマンなどモナカフィギュアプラモがマトモに作れるようになったのはヒートペンのお陰でして、5cm兵隊プラモのポーズが変幻自在だったり、イタレリやレベルなど平気で合わない飛行機モデルさえポリパテ生活することなく組めるようになったのもヒートペンのお陰様だったのでした。

そんなカンジで、パテる事無く全体のパーツが揃ったので‥サフります。
a0160573_21021378.jpg
ハロージャガー! やっぱり髪がモップ然としてて何ですが、元キットの事を考えると‥これくらいで勘弁して下さい。
あとは、細部キズや凹みに拾いパテを行い、ペーパーで仕上げればいよいよ塗装ですねー、果たして似てるのか。

そういえば、年始のネタシリーズ?として007プラモも買ってしまってましたね。キットの構成画像は端折りますが、童友社 ムーンレイカー で検索すると案外皆さんストックしてらっしゃるようで。
入手してしまった以上、ボチボチはじめようと思いますが‥当方、宇宙工学も航空力学もミノフスキー理論も知識はございませんので、シャトルパーツはドストレートにやっつけようと思いますが‥

a0160573_21021868.jpg


いやー、ロジャームーア卿かなり似てます!広川太一郎ファンとしてはこれだけで買い!レベルです。
それにしても箱絵にある3人の薄着美女達って本編ほとんど出てない‥。

と、今晩はここまで、また来月です。

[PR]
by sei-saku | 2017-01-30 21:50 | セーサクothers | Comments(0)
a0160573_00333616.jpg
どうもこんばんは、唐突にアップしましたが、労働の秋でもあり芸術の秋でもあります。
そう、ド田舎鳥取の地で年に一度のお祭り?ガンダム屋さん主催のイヴェント、ガンパクが今年も賑々しく開催されています!

いやー、いつもお店にはお世話になっているので、ヘボヘボながら当方もきったない戦車ばかりでなく何か別のアイテムをイヴェントの末席にでも‥
という事で、以前お店で購入したソフビキットを塗り塗りしてみました。

a0160573_00430575.jpg
まずはサフですね。当然ソフビ(PVC)なので、下地処理が必須です。マルチプライマーなど透明性のある物の使用も考えましたが、一部市販完成フィギュアと同様に無垢材のインジェクション成型(簡易?)部品があるため、パーティングラインの視認のため、グレーのプラサフ(ホルツ)を吹きました。

いやー、見事な造形で驚異的なモールドです。昔はここまで細密なソフビだとピンホールがあったりしましたが、成型も見事です。
とりあえずブラック吹いてみます。
a0160573_00492350.jpg
ライティングで陰影が出てますが、続いてなんとなく白を吹いてみます。
a0160573_00503825.jpg
あれれ、初期化してサフ状態に戻ってしまいました!個人的にはB&W技法をマネようと思ったのですが‥最近の白は進化してますねえ。
a0160573_00520980.jpg
またテキトーに赤を吹きます。確かフィニッシャーズのナントカレッドだったと思います。
当方はファンタジーのセンスが無いので安直に赤にしてしまいましたが、テキトーエアブラッシングでもしっかりモールドが映えますねえ、造形が確かな証拠です。

とかなんとか、当方は最近筆塗りに妙に固執しているので、こっから先は筆で塗ります。
a0160573_00562098.jpg
ウォーハンマーのガイドブックをカンニングしながらドライブラシします。
懐かしのメタルフィギュア塗装を彷彿とさせてなかなか楽しいですね。
赤ばっかりじゃ芸がないので、登頂は黒or茶色に振ってみませう、近所の文具屋で買ったアクリル絵具(安い!)でグラデを付けます。

引き続き、ファレホ、シタデル、アクリラ、アクリラガッシュ‥といった家にある水性アクリル塗料総動員でドライブラシをカサカサして、良きところで艶消しクリアコート、仕上げに油絵具のバーントアンバーでウォッシングすると‥
a0160573_00595012.jpg
徹夜をするまでもなくできました。
ベースは木目(導管)がモールドされているので、テキトーにウッド?風味としましたが、やはりテキトーすぎました。センスゼロです。

ちょっとアップで。
a0160573_01053737.jpg
そういえば目玉はグロスなので艶を出すワケですが、当方はクリアでもメディウムでもなくマイクロのリキッドデカールを塗りました。
もちろん意味はありません、単なる代替品です。

いやー、中学生以来のソフビドラゴン塗装でしたが、やはりファンタジーで大事なのは想像力だと痛感しますね~
ここまで素晴らしいキットをティーンネイジの頃に塗ったらさぞ面白かろう‥と、夢想しますが、そもそも当方には技術力ありませんでしたね!

といったところで、最後は背面の画像
a0160573_01403387.jpg
一応こんなカンジで、とくに意味はありません。では!








[PR]
by sei-saku | 2016-09-25 01:21 | セーサクothers | Comments(0)

1/6 URUK-HAI

やあ!諸君元気しとるかの、ワシじゃよセーサクじゃよ。今回は映画の指輪物語でおなじみのウルクハイのソフビキットじゃ、まずはウルクハイと一緒に風呂に入って‥
a0160573_12215520.jpg

とまあ、スイマセン。往年の村尾ゴジラ先生の書き出しをパクってしまいましたが、年度末に入りましたしパソコンも絶不調ということで毛色の変わったアイテムでも作り(かけ)散らそうと、ついつい手が滑ってしまいました。
a0160573_12231259.jpg

↑キットの箱ですね。
あ、離型剤ベトベトでさすがに一緒に風呂には入ってませんが、釜茹でにはしました.
発売ジャーマニーのメイドインチャイナ製で、予め湯口がカットしてあり組みやすいものの、両腕はなんとPVC無垢という成型状態で、そのまんま一体化された右手の鉈?は加熱修正してもグニャリとなってしまうので、作り変え前の暫定状態です。
また、なぜか重心がセンターから外れてる上に、勇ましく振り上げた右腕が、ベース正面からのアングルで見ると顔を覆ってしまうというスカルプティングで困ってしまいましたが、角度をちょっと変更しました。
a0160573_3324340.jpg

まあ、ご覧の通り鉈を持つ拳のモールドも眠たくて造形的には結構粗いんですが、組みあがるとデカくて迫力ありますねえ。
ところで当方、ロードオブザリングってマトモに見たことないんですけど、こんなの居ましたっけ?
鎧姿で沢山出てたのは覚えてますが‥。

なんて、中学生以来のソフビキットをイジイジしてたら、またも手が滑って‥
a0160573_12241865.jpg

あー、こちらはレベルのバットマンですね。カミさんがドラマのゴッサムにハマっていたので、いつの間にか極秘裏に在庫してた品をカミングアウトしてたんですが、いい機会なのでこちらも素組。
なぜか珍しく台座がないので、重心安定のため足にレジンキャスト流してみました。
やはりPVCの宿命、原型と思われる完成見本よりスリムな印象ですが、ガンメタ塗ったら何とかなるかな?と、気楽に考えてます。よって、完成も未定でございますが、どうも売価が千円切っちゃうとついつい買ってしまうジャンルではありますね。

いやー、それにしても急に暖かくなっちゃいましたねえ!今まで寒さでワリとガチに模型作業が滞っていたんですが、いよいよ言い訳できない季節の到来です。
a0160573_319175.jpg

ということで以前の英国労働者人形ですね。
エポキシパテでオーバーオールを着せてみました。
が、イマイチですねー。どうもバタバタしてて、2~3時間じっくり‥といったネリネリ作業が出来ず、小一時間ずつ上半身だけ、下半身だけといった作業内容でどうもズビバゼン。
ちなみに上半身がウェーブ軽量にタミヤ高密度、下半身がウェーブにタミヤ速硬化ブレンドという変態造形ですが、混合によりポットライフが短くなって(どうも異なるメーカー同士だとヒートアップする傾向のようです)、良いセッティングを見つけらず中途半端になってしまいました!
ちなみに硬化後の硬さはミリプットを彷彿とさせるフィーリングでしたが、まだウェーブのエポパテに慣れませんねえー。
なので、英国巡航戦車群も進捗ナシでございます。

というところで、では。
[PR]
by sei-saku | 2016-03-07 03:56 | セーサクothers | Comments(0)
a0160573_1345011.jpg

例年の如く、今更のあけましておめでとうございます!です。

いやー、年末年始は忘年会の連続から肉食ったり肉食ったりケーキ食ったりで、3kgもウェイトが増えてしまい焦ったセーサク者です。
それにしても今シーズンは暖冬ですね。近年は年始あたり雪に見舞われるパターンが定例してましたので、
新年の始動もノンビリしてましたが、暖冬だとズボラの言い訳に困りますね!
昨日の蹴り始め練習でも、決定期を外す外す。
オフシーズンのコンディション調整がまるでなってませんが、まあ、こんなもんでしょ。

さてさて、昨年のクリスマスに託けて、家族用プラモとして購入した1/35マスターボックスのゾンビアイランド?シリーズ 女性戦士ライダーとゾンビーズ、ようやくできました。

いやあ、面白いプラモです。なんていうか、タミヤの忠臣蔵に近いノリというか、ネタとしてサクッと作っても楽しいですし、ガガーリン氏のスカルプティングはガチに作っても愉しめる。ちょうど良いスタンスの商品です。

ゾンビたち その1
a0160573_1494591.jpg

実はこのキットのゾンビたち、ゾンビらしいダメージ表現ってあまり行われてないんですよ。
そこでテキトーにダメージを追加してみましたが、何とも中途半端‥というより各ゾンビ感はモチーフのゾンビ映画の時代にもよりますかね、画像のオーバーオールの男性は28日後やバイオハザードなどのスピーディなゾンビをイメージしてダメージ少な目で顔色も変えてみました。
倒れてる女性ゾンビはノーマル?ゾンビで、衣装は箱絵タイプにしダメージ多めにしました。

ゾンビたち その2
a0160573_14265170.jpg

秀逸なポリスウーマンは基本そのままにダメージを少々追加、隣の男性ゾンビは‥すいません、有名なヘリボーイをちょっとマネてみましたが、本気で作るとなるとフルスクラッチは免れないので中途半端ですね~。

女性戦士ライダー!
a0160573_14332077.jpg

こちらのみベース固定前の撮影ですが‥いやー、ちょっとデカイとはいえ良くできてます。映画三作目まんまです。
こちらもほぼ、キットそのままですが、バイクとのクリアランスでオミットされた部分は追加工作してます。
うーん、女性フィギュアを塗ったのは中学生以来かも。
a0160573_14373846.jpg

バイクはおなじみタミヤのドイツ野戦伝令セットのDKW。対ゾンビ軍団といえばシチュエーション的に四面楚歌がセオリーですので、対策用に長物を追加‥ちょっとクラシカルなM1カービンとしました。
勝手なストーリーテーリング的には、左手のベレッタで偽ヘリボーイとポリスウーマンを仕留め、右手で背中のライアットガンを抜出しオーバーオールゾンビを吹き飛ばし、あと一歩まで迫った負傷ゾンビはカービンで仕留めるといった脳内設定です。
ちなみに、バイクのみミスターカラーで、あとはファレホやアクリラにセラムコート、血糊はタミヤアクリルで塗りました。

ディオラマ?ビネット?全景
a0160573_14495570.jpg

かなりシンプルな構成で何ですが、ベースは100均のウレタン?ボードに畳針やらスパチュラで石畳を刻み付けてホルツのプラサフを吹いた所、溶ける溶ける!(事前に接着剤で溶けるかチェックしたんですが‥)
かなりテンパりましたが、ミスから偶然にも良いテクスチャーが付いたと、ほくそ笑んだのも束の間、セラムコート塗装後、エナメルウォッシング時のペトロールで地盤沈下が発生!
‥この100均ボードの素材って、一体なんなんでしょ。

とまあ、新年一発目もなかなかザトラブルな素人模型製作ブログですが、本年もよろしくお願いいたします。


PS 贈答用なのでそのまんま100均ケースに入れてカミサンにわたしましたとさ。
a0160573_15205814.jpg

[PR]
by sei-saku | 2016-01-11 15:01 | セーサクothers | Comments(0)

2014年末顛末

どうも、展示会も終わり、本業の年末進行も乗り越えて今年も残りわずかとなりました。
ということで、自分的頑張ったで賞をクリスマス商戦真っ只中に買ったりしたのですが、なんというか、新製品はピンと来るものが無く、ついついこのようなアイテムに手を出してしまいました。
a0160573_2192062.jpg

バンダイの1/72 HGAB レプラカーンですね。
いやー、オーラバトラーですか!リアルタイムでは怖くて見れなかったので思い入れや予備知識は全く無いんですが、中学くらいにホビージャパン誌でガレージキットムーブメントが隆盛していたので、いつかはトライしたいジャンルではありました。

そんなこんなで切り刻みの刑‥バラバラ
a0160573_2273112.jpg

地味に○○mm幅詰め!という作業を全体的に行ってますが、報われませんねえ。
まあ、昆虫ロボ的形状を求めるなら部品見ながらファンド弄ったほうが100%健康的というのは十分承知之助なんですが、元デザインを知らないのでプラモデル作らないと始まらない!さらに、仮組んじゃったらそのままじゃ楽しくない!という毎度のアホサイクルでニントモカントモ、ケンイチ氏でござります(新版ハットリ君はインド製なんですね!)。また追々UPします。


あ、そういえばこんなのも買ってしまいました。
a0160573_2422474.jpg

タミヤ製1/35 M48A3ですね。これまたコテコテのミーハーアイテムで恐縮です。
世間はドラゴンから年末発売のコンカラー戦車がナウくてトレンディなんですが、正直ブラックレーベルのとりあえず補完感はMBT-70で十分堪能したので今回は見送るかも?状態なので、ついつい鋳造砲塔を求めて購入してしまいました。
M60の105mm砲身が余ってるのでA5にしようかな?とも思ったりしますが、ライトガード造作がメンドい事と、ベトナムなら存分にハゲハゲのドロドロに汚せるぞ!ということで脳内モデリング中。しかしタンククルーが問題ですね。

とまあ、このような煮え切らない体制のまま行く年来る年を迎えるのでしょう、恐らく次のブログ更新は来年でせうか‥
あ、こういうのも作ってたりします。
a0160573_311573.jpg

1/32?SS戦車兵?素材はスカルピー、向かって右はタミヤの1/35 3号戦車人ですね。なにやってるんでしょうか!
では。
[PR]
by sei-saku | 2014-12-26 03:03 | セーサクothers | Comments(0)

1/32 Truckers complete

おお、年の瀬ですね!セーサク者です。
アタフタしながらも何とか展示会用にいくつか完成させたのですが、今月初めの訃報には驚きました。

‥ぺヤング。

いや、サムライジャックのアクー吹き替えでも有名な文太兄ィが‥
ということで展示会用ネタを急遽予定を変更して作りっぱなしのフルスクラッチフィギュアを塗装することにしました。
a0160573_1234499.jpg

突貫作業でかなり雑な塗装かつビミョーな造形‥ファーストスターに見えましたら何よりです。
関東テキヤ一家の硬派なイメージで作ってしまったのか、もうちょっと目を大きく作ってもよかったですね、ファッションモデル出身だけに(新東宝時代の作品観たいス)。

つづいて塗装中のキンキン?
a0160573_1281287.jpg

サフ状態ではサノモトorテンイチ社長風でしたが‥
a0160573_1292664.jpg

まあポーズがカタイですね。

そして猛牛伊予水軍!
a0160573_1303980.jpg

さながら牛次郎&ビッグ錠作品に登場しそうなアクの強さ!
チャームの頭部がハットで見えないのが造形上の難点でした。

アオシマからHHリリースされてますね!という事で塗りかけの冥府魔道。
a0160573_1373119.jpg

造形的には最後に作ったのでモールド的にはそれなりなんですが、太目の方は難しいですね。
しかもこの体形でトンボを切るフィジカルの強さ!再現できてません。
a0160573_1411196.jpg

全体的にはこんなもんですね。‥いつかシルクハットの大親分でリトライしたいもんです。

とまあ、そんなカンジで追悼いたしました。
a0160573_1422941.jpg

則文映画よ永遠なれ‥

って、トラック作らねばですね、あとボルサリーノもそのうち(フィギュアだけ)!

では!
[PR]
by sei-saku | 2014-12-09 01:44 | セーサクothers | Comments(0)

1/32 Truckers 3

いよいよ新年度ですね!増税前の駆け込み買い物はポテチ大袋くらいしか買えなかったセーサク者です。

さて、風邪も良くなりそろそろボール蹴りを復活したいところですが、もちろんプラモも再開です!
と、言いつつ神経衰弱なトラック模型は病み上がりなので休憩して、パテをこねこね‥
a0160573_2134618.jpg

また怪しげな微妙フィギュアを彫り彫り始めました。
ゆうたろう系?渡辺文雄でしょうか?

例のごとく木工用エポパテを盛るところがなくなれば溶きパテを塗ります。
a0160573_2137080.jpg

某自動車評論家みたいですね。大変ぶしつけですが‥(懐かしい)

さらにスムージングを続けます。今回も雪駄履きなので足の指も彫り彫り‥
a0160573_2140236.jpg

うーん、顔の彫りが深いので作りやすかったのですが、どうでしょうか?勝新系に見えましたら幸いです。
雪駄やサクマ式ドロップも作らねばならないのでまだまだ仕上げ途中です。
そういえばアオシマからHHのキットが出る様なのでそれには間に合わせたいものです(買う買わないは別として)。


と、ここである事に気が付きました。
そう、今年に入ってから3か月経つというのに当ブログ、完成品ゼロなんです。

そこで戦車作ります。というか、いきなり塗り始めます。
a0160573_2214526.jpg

部品構成でバレバレかと思いますが、ドイツ‥いや西ドイツ軍のゲパルト対空戦車です。

以前から近代的なNATO迷彩にするべきか、味わい深いボックスアート風OD色か悩んでいまして、しばらくサフ状態で放置していたのですが、手っ取り早さと当方の工作精度の低さからレトロなOD色で塗装することに相成りました。
a0160573_2218668.jpg

古いキットですが車体長がレオ2並みだったり、同時期のMBTであるA4と比べても結構よくできているので一応、ストレート組みに近いですが、最低限としてターレット前部の角度変更、砲身開口、ドライバーハッチ部メッシュの新造、サスアーム可動、スポンソン板追加、各部面出しは行っています。
て、やっぱりあんまり似てないんですがね。

そんなこんなで、混色で作るのが難しいクレオスのオリーブドラブ2を使い、ブラックやミドルストーンを混ぜながら階調を変えながらテキトーMAX塗り。
a0160573_22241979.jpg

個人的にはあまり行わない塗装法ですが、ストレートにストレートに‥
a0160573_22282089.jpg

最後にカーキをハイライトに吹きました。エッジは狙ってません。

次回はデカール貼りと履帯・転輪ゴム塗装に汚しが控えております。では、また会いましょう!
[PR]
by sei-saku | 2014-04-09 22:31 | セーサクothers | Comments(2)
いよいよ明日から4月ですね~

引き続きトラック模型作製です。
a0160573_1722572.jpg

EF100ユニットはこんなカンジでしょうか?インマニやキャッチタンクを追加してみましたが、排気タービン部品がウォーターポンプだったりVベルトはキット流用のため反対側に何も無かったりで完全に雰囲気ですね。
キャビンとのクリアランスは余裕があるので吸気ダクトとパイピングの追加を予定しております。

そういえば荷箱のハイトが高いので一番星号の高さに合わせカット!内部はヨレが出ぬようテキトーに補強しています。
a0160573_17293699.jpg

それにしても荷台部品はスゴイですね、もはや工業製品!かなり厚みがあり切り出すのに苦労しました。

そういえばパネルモールドも凹モールドなので凸モールドにしようかと‥真鍮線を用意します。
まずはインフラ整備。
a0160573_17374377.jpg

延ばしランナーをグルーアプリケーターにしてガムテープ上に瞬間接着剤を乗せチマチマと貼り付けます。
a0160573_1740599.jpg

こんな調子でまずまずでしょうか?和風総本家とか出てきそうな地味な作業です。では反対側‥
a0160573_1744434.jpg

ちょっとキツくなってきました。しかもヨレが出て仕上がりがイマイチでモチベーションも低下‥と、思ったら久々に風邪をひいてしまいました!ちょっと寝込みます。

それにしても、KFを調べるうちに派生型のTCやHHをそれなりに調べてますが、アオシマからもHHが発売されており、エンジンレスの代わりに専用シャシーということで、キャビン裏やエアタンクの再現が気になるところです。
うーん、バリューデコトラシリーズ第一弾購入しちゃおうかなあ‥あ、これなら非デコのバリバリ現場仕様も可能で、権野や青木若頭フィギュアも作れるなあ!

てなこって風邪なおそ‥
[PR]
by sei-saku | 2014-03-31 17:57 | セーサクothers | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku