カテゴリ:セーサクtoon( 26 )

どうも。
いやー秋も深まってまいりましたね、そろそろ年末の足音が聞こえてきそうな今日この頃ですが‥

すいません。今回は再放送?のフィラー投稿です。
a0160573_15453272.jpg

突然ですが拙作のガリアン 鉄の紋章 機甲猟兵 ザウエルBです。
a0160573_15472328.jpg

去ること3年前の今頃、久々の模型製作復活に際し、恒例の模型展示会の日程に合わせようと製作しました。
とはいえ、開催までの納期は1か月、在庫のプラモデルを作るより、粘土でコネコネ作ったほうが早くない?
ってんで、こさえたシロモノです。
a0160573_15521340.jpg

もちろん展示会には間に合いましたが、納品前は突貫だったのでマトモに撮影できず、そのまま主催模型屋さんのショーケースに納めさせて頂いたので、しげしげと観察するタイミングを逃していたのでした。
a0160573_15562564.jpg

それから随分経った今更、ちょっと隣県に展示する機会を頂いたので、久々に里帰りさせていただきました。
a0160573_15592337.jpg

作り方は過去記事にございますので端折りますが、まあ、十数年ぶりの粘土工作なのでそれなりにガンバってますかねえ?

最後に大きさ比較の図。ロボット物は高さがあって光っちゃうので撮影難しいですね。
a0160573_169653.jpg



そういえば冬に向かって冷える日も増えてきましたので、そろそろ粘土りますかねー、オーブン使えるし。
a0160573_16151066.jpg

毎度バカバカしい事を考えております。
では~
[PR]
by sei-saku | 2015-11-08 16:02 | セーサクtoon | Comments(0)
まーたしても更新いたします。

1/12スケール フルスクラッチビルドモデル 真北斗無双版 第三の羅将ハン よーやく完成いたしました。
a0160573_1392748.jpg


改めて総括すると、北斗の拳原作版やアニメの須田正巳氏版から大幅にアレンジされたデザインですが、楽しみの方向性が広がる事は個人的には全くOK(アニメ版アレンジは子供の頃、受付けませんでしたが)で、ファンドも余ってるし1,2ヶ月程度で作れるかな?と、プラモほったらかしてついつい手が滑ってしまいました。
a0160573_1341059.jpg


実は過去にも北斗キャラは作ってたりするのですが、原作~アニメに比べ装飾が大幅に増えているのが無双版のポイントですね。
a0160573_1374641.jpg

a0160573_1442687.jpg

しかしまあ、当方はスクラッチの場合だと7~8割くらいのクオリティでトライする事が多いので、プラモデルの改造品より完成率は高く、納期内での完成が目標ですから決して無理工作はしないチキン造形だったりします。

a0160573_1461024.jpg

何しろ実物や設定、キットに引っ張られたり引っ張ったりしないんで、狙いや落としどころは自分の範疇のため上限が決めやすいんですね。まあお陰でクオリティはたかが知れているのですが‥。

塗装はファレホやタミヤ、ホルべインのアクリリックといった水性アクリル筆塗りで行ってみましたがイマイチですね。
a0160573_152843.jpg

ご覧の通り黒目(緑ですが)が大きくなってしまってイイ人になってしまいました!後日、目だけでも塗り直したいところではあります。

a0160573_154485.jpg

最後はベースと銘板。あれ、真が抜けてます。いきあたりばったりの最終追い込みオマケ工作ですみません。

とまあ、とりあえず完成しました。次も色々作りたいんですが、池上遼一大先生テイスト溢れる初期やハリウッドな天帝編が大好きなので資料に乏しいのが難点です。そろそろ実家からコミックス全巻持って帰ろうかな~
あ、その前にプラモ!トラックでしょうか戦車、モビルスーツでしょうか作りかけが‥そんな地に足つかないローテーションで来年に突入して行くことでしょう、ホントいい歳こいてアホできて有り難いことです。

では!
[PR]
by sei-saku | 2014-12-11 02:03 | セーサクtoon | Comments(0)
あれ、本日も更新いたします。
なんてことはない展示会後の年末大蔵ざらえというやつです?

ハイ、夏の衝動ガンダムプラモの百式旧キットですね。
a0160573_23203481.jpg

これまた展示会用アイテムで納品前に慌ててつや消しクリア吹きました。

a0160573_23221810.jpg

アップですね。ご覧の通り各部バランスこそ変更してますが面構成はほとんど弄ってません。
キットパーツ以外で変更といえば放熱チューブをポリエチレン製のキットパーツからメッシュパイプに交換したくらい。ランドセルへ延びるチューブはタミヤのティーガー戦車のエアクリチューブです。

a0160573_23265119.jpg

背面も素材の味を生かして?ザックリと作ってあります。それにしても死角のないデザインです。
(このカットから照明に白熱球を加えてますのでゴールドが赤く見えます)

a0160573_23292066.jpg

側面は何となくS字立ちしています。

a0160573_2331751.jpg

正面はこんなカンジ。キット発売当時は雌型という概念が確立する前なのでなかなかマッシブです。
あ、決定稿は藤田氏でしたっけ?
といったカンジで、お手軽に苦労したの巻でした。昔の模型誌ライターは旧キットを2~3日徹夜して改造しまくって掲載してたんですね。頭が下がります。

さてさて、本日のオマケ画像は北斗無双版羅将ハンの銘板
a0160573_23363452.jpg

例の如くファンド板からのスクラッチビルド篆刻。ダークアイアンを塗った所で、次回完成版を紹介いたします。
では!
[PR]
by sei-saku | 2014-12-09 23:39 | セーサクtoon | Comments(0)
先日までちょっと上京してましたセーサク者です。
基本、子供のゲーセン行脚だったものの、イエサブ本店にてついついアルパインのマックスヴュンシェを買うてしまいましたが、ツールマテリアルに関しては鳥取県内のガンダム屋さんでも大概揃うため、田舎でもさほどハンディキャップにはならない世の中にはなりましたね。
それが生かせてるかどうかは甚だ疑問ですが、とりあえずサフ状態完成しました。
真・北斗無双版 羅将ハン
a0160573_22252586.jpg

a0160573_22255634.jpg

a0160573_2227159.jpg

a0160573_22273365.jpg

a0160573_22275948.jpg

a0160573_2228491.jpg

a0160573_135127.jpg

a0160573_22291048.jpg

オマケのサイズ比較。バイアラン作りたい!
取り急ぎ画像のみですが追々コメンタリーしますね。
では!

塗装します。
[PR]
by sei-saku | 2014-11-19 22:30 | セーサクtoon | Comments(2)
どうもこんばんは昨日の夕食はシュークリーム3個のセーサク者です。食欲の秋ですね。
気が付いたらガッツリ11月入ってますねー。ついに締切まで一ヶ月切ってしまいました。

あ、そういえば無双系資料について気が付いたんですが‥市販、スクラッチ含め模型的立体フィギュアが少ないのにどうして毎回公式設定資料本がリリースされるんかなあと思ったら、コスプレユーザーさんがいらっしゃるんですね!
先日、太秦の映画村に行った際、群雄割拠状態で撮影し合ってたのでようやく気が付きました。
しかし北斗コスプレとなると体鍛えてかからないといけませんから、道理で真北斗無双の設定資料本が無いワケです。

さてさて続きで曹植‥いや装飾編です。
a0160573_22294089.jpg

背中の文様とスカート?の文様をタミヤのエポキシパテを使って薄く盛り付けていきます。
パターンはゲーム画面とストーリーブックを参考にしてますが、判らない所は結構割り切ってます。
無双の場合、北斗系は中華味という事なので、明後日の方向に飛躍解釈して梵字のようなイメージを少々。

ちなみにエポキシパテを使っているのは素材が異なるため失敗してもリセット可能な上、ポットライフの長さと柔軟性、最後に緻密さで選んでますがモールド的にはファンドでも可能でしょう(当方は無理ですが)。

a0160573_22372498.jpg
a0160573_22363425.jpg

あと無数にあるヒモは半田を捻じったものを原型におゆまるで模り、あまったエポキシパテを押し込んで複製。
曹洪‥いや、そうこうするうちにパーツが揃いました。
a0160573_22402751.jpg

金具も同様に原型を作っておゆまる作戦、おゆまる型の精度が低くロスが多くて困りました。

阿斗‥いや、あとはくっ付けるだけです。毎度タミヤのエポキシパテ高密度+速硬化のダブルブレンドなので適度な柔軟性と切削性を兼ね備えているため、案外問題なく取り付ける事ができました(精度は別として‥)。
a0160573_22432258.jpg

さてさていよいよ完成が見えてまいりました!

と、ここで前言撤回シリーズ。
以前、ヒゲと眉はモールド無し予定だったのですが、ついつい手が滑ってエポキシパテを付けてしまいました!
a0160573_22482720.jpg

オマケに黒目まで彫り彫り‥塗りにくかったら埋めます!

さらに前言撤回2、マントはファンドが足らないため作らないといってましたが、ファンドが結構余ったのでテキトーに作る事にしました。キャラ設定資料には無いので期日に間に合わせる気はありませんが‥
ということで、次回は粗取り修正、最終サフ+塗装編です!

‥いやー、久々とは言え地味に長かった。固定だとポーズに飽きてしまって参りました。
つづく。
[PR]
by sei-saku | 2014-11-10 22:54 | セーサクtoon | Comments(0)
いやー、芸術の秋ですね!先日、近所の博物館で重要無形文化財保持者の作品展を拝観してきました!当然ながらやっぱハンパないですねえ!と、毎度よくわからない書き出しですが、玉蹴りリーグの開幕も近づいてきました。スポーツの秋でもありますなあ!

では、プラモ日記粘土編のつづきです。
いーかげんファンドも盛る所も無くなってきましたので、顔あたりから溶きパテ処理に移行いたします。
a0160573_2146417.jpg

お陰様でサウザー臭は減ってきたと思いますが‥ちょっと松方兄ィのようですね。実物はちょっとイメージ違いますが、これはこれで愉しいのでこの画像をチョイスさせていただきます。あ、ヒゲとマユゲはモールドしていません、力量不足というより塗りやすさを優先しました。

それと腕のアーマーですね。
a0160573_2254699.jpg

このようにファンドを伸ばして‥ポンチで丸をスタンピング。乾いたら海老満月みたいな丸いファンド板を切り抜き、水で柔らかくしながらアーマーに貼り付けます。
a0160573_22102912.jpg

こんなカンジになりました。設定画ではもう1つ半丸が入るんですが、中途半端なんで丸2個とさせていただきました。ハイ、言い訳です。

この調子でファンド盛りの終了したパーツに溶きパテを塗りまくります。
a0160573_2215430.jpg

いやー、ちょっと進んでる感が出てきましたが、まだまだ装飾品など造作がありますねー。
無双系は強い奴ほど着込むらしい‥そういえば服を着せる前はずいぶん男塾的ポージングだったのですが、
随分大人しくなってしまいましたね。やはり読みが甘いです。

まだまだ本体のみ溶きパテ未処理ですが、腕に血管貼りました。ちょっとオーバーですが、アーマーに隠れてしまいます。
a0160573_22424998.jpg


次回はサフ及び装飾編ですねー。
では!
[PR]
by sei-saku | 2014-10-27 22:43 | セーサクtoon | Comments(0)
いきなりですが先日、自宅で天下一品スープの再現に成功しました!
苦節20年?のはずが、豚骨鶏ガラ系やご当地グルメ牛骨系と違って味のキャラが強く、抑えるポイントが狭いので意外と作り易かったです。なんて、前回作ったときはシチュー味でしたが‥。

すいません取り乱しまして、連休はワリと走り回ってたセーサク者です。いやー台風ですね。

という事で、フルスクラッチ北斗のファンド人形の続きですが、スクラッチとかビルドではないですよね作業内容的に。

前回、頭身が北斗じゃない!事に気が付き、小顔修正とともに表情に原風味がないなあ‥とイジイジ。
a0160573_21373127.jpg

なんか「サウザー‥」ってカンジになってしまいました。まだまだ修正中です。

そしてもう一つの問題、とにかく資料がない!という事で、真北斗無双トレジャーボックス付属のブックレットと、北斗無双(ゲーム持ってません)の攻略+設定本を入手しました。
a0160573_2151271.jpg

ブックレットは唯一なので内容的に仕方ないんですが、攻略+設定本の内容は素晴らしいですね。
衣装の重ね具合や素材感まで記載されています(三国やら戦国シリーズはもっと詳細なんで羨ましい限りです)。
もともとゲームキャラは二次元系とは違い、立体化での矛盾が少なくて楽ですねーって、当方はド素人なんで苦戦しまくってます。

とまー、全体的にはこんなカンジですね、いよいよ盛る作業も少なくなってきました。
a0160573_2252065.jpg

毎度代わり映えしませんねえ‥またバストアップしてしまいました。
a0160573_227050.jpg

背面も変わってません。マントはファンドが足りませんので割愛します。

いい加減サフ吹きたいんですが、ファンド造作の場合はまだまだガマンです。

最後にびっくりトピック?
a0160573_22123873.jpg

平田英明氏による内閣総理大臣像!
よもやここ、山陰の地で入手できるとは夢にも思いませんでした!

という事で、では!
[PR]
by sei-saku | 2014-10-13 22:14 | セーサクtoon | Comments(0)
いやー、もう10月ですか!すっかりばっくれててすいません。モリモリ日記のつづきです。

a0160573_2353062.jpg

前回から‥デジカメのバッテリーが終わってしまったり、バレンシアがアトレティコを破ったり、鈴鹿GPを地上波で見たりしてるうちにカタチにはなってきました。
全体的にはこんなバランスですね。

それではそろそろ各部ディティール作業に移行しなければなりません!
a0160573_23564439.jpg

一部切り取った肩アーマーですね。フィギュアといえどもシンメトリーにしたいものです(希望)。
手は当初より随分拡張しました。なんたって拳法家なので大きくなくては‥まだ細いですが。

毎度正面では面白くないので横顔で。
a0160573_23594112.jpg

すっかりオールバックがキマってると思います。襟のヒラヒラもつけてやりましょう!
(工作中は前述デジカメトラブルで撮影できず。‥その後、何事も無かったようにバッテリー復活)

ちょっと衣装の解釈を勘違いしてたところがあったので、修正がてら背面を強化してみました。
a0160573_054550.jpg

ようやくゲームもヒョウまで攻略できたので動画見ながら作ってますが、いかんせん資料が無い!
しかたがないので、藁にも縋る思いで攻略本上巻を購入してみましたが‥まあ、シンとか作り始めなくてよかったと思いました。

という事で、再び正面。
a0160573_0101333.jpg

さて、次回もディティール作戦の続きですが‥ウーン、いや、あのその、どうやらプロポーションが北斗っぽくないですね。頭身がヤバイです。
やはり男塾的というか、オッサンばっか作ってるオッサンなんで、ミリタリーフィギュア的風味が出てしまったのか、ディフォルメってムズいですね~。
では、また!
[PR]
by sei-saku | 2014-10-07 00:15 | セーサクtoon | Comments(0)
こんばんは。例によってファンド人形の続きです。

まあ、このように盛っては削るを繰り返していますの図
a0160573_21452557.jpg

前回、懸案だった筋肉のメリハリは知人からマール社の本を借りたり(ベリーサンクスです)、市販フィギュアを参考にしたりで、バルクアップを図りますが、足の筋肉は3Dではよくわからなかったので自分の足を見ながら作ったりで‥ついでにUFC見たりしてもやっぱりわからないんで諦めてます。

というのも、納期から逆算してアイテムを作り始めているからなのです。
いやー、秋も深まってきました。そう、恒例の展示会が近づいてまいりました!

本年も毎度のごとく少ない完成品数のためひと月程度で作れるモノを物色したんですが、作りかけのガンプラやトラック模型はどうにもキビしい!ということで、リハビリ期間の過去に1ヶ月間の納期でベースとパネル?まで作った機甲猟兵の事例を思い出し、センター出しのあるメカで間に合ったのだから、お手軽サイズのオッサンフィギュアなら‥と、お気楽スタートしたんですね。レベル的にも中国製プライズ商品的なところを狙ってますし、最悪メタリックフィニッシュという逃げ道もあるし。
(と、思ったら今シーズンの展示会は12月なんですね。あとプラモ2つできるかな?鬼の素組で)

ということで、筋肉はそれなりになったので、服着ましょう!
a0160573_2293193.jpg

代わり映えしませんが、シワ表現も毎度テキトーです。とりあえず多めに入れて、うるさかったら消します。

そういえば2年くらい前でしょうか、PS3ゲームソフトの真北斗無双を入手しまして、チンタラとプレイ(未だにクリアできず)してたら北斗神拳3男のジャギにずいぶん殺られまして、あれ?このバズーカ見覚えが‥と、自宅にガンプラ部品があったのでいつか作りたいなあ~と、漠然と思っていまして、ちょうどいい機会だし作るか!と、思うもののやっぱり武装パーツが多いのでパス。
ということで、北斗の拳では何故か立体化の機会が少ない羅将ハンに決定してみました。よって遅ればせながらタイトルを変更させていただきマースカレー。

オレは海賊王になるってばよ!な恰好になりました。‥すいません、当方マンガはペンギンの問題+くらいしか読んでなくて失礼します。
a0160573_2220585.jpg

せっかくの筋肉造形がすっかりスポイルされてしまいました。まだまだ厚着なので筋肉はテキトーだったんですね。

そうそう、頭部を取り外して細部を彫り込みましょう!
a0160573_22245867.jpg

「ウィーウェーウィーウェーロックユー!」
いや、「100人から先は覚えていない!」でしたっけ?似てなかったらゴメンナサイ(原作コミックは実家で見れてません)。

しかし無双版はもうちょっとソウルフルなカンジですね、フィルリノット的というか。紫光ソリアはまんまシュワちゃんなんですけどね。
個人的に無双版アレンジは全体的に厚着ですけど新解釈としてイイと思いますよ、アニメの須田版もアリ(プロポーションパクってます)ですからね。

ということでアーマー?をモリモリ‥
a0160573_2234083.jpg

北斗色が出てまいりました。引き続きモリモリ‥では!
[PR]
by sei-saku | 2014-09-28 22:38 | セーサクtoon | Comments(0)
アレレ‥珍しく更新いたします。
先日は次回はガンプラ完成!なんてホザいてたような気がしますが、まーたなんかやらかしてますね。
そう、いきあたりばったりのファンド人形の続きです。

ということで全身引き締めにかかりました。
a0160573_135246.jpg

‥きったないのはご容赦下さい。
資料となる書籍もすでに無く、すっかり筋肉の構成を忘れてしまっていたので、主にクリロナ画像や平櫛田中作品を見ながら盛り盛り削り削りしてますが、腹斜筋とか内側広筋とか武術家やレスラーとは付き方が違うかもしれません(むしろプジョルやセルヒオラモスを参考にすればよかった?)。

つづいて、まあ背中ですが‥
a0160573_114518.jpg

当然、服を着せますがメリハリに欠けますねえ‥。

気を取り直して頭。
a0160573_1263129.jpg

男塾というより‥ジダン?いやネグレドにもちょっと似てました。製作者の傾向が如実に現れますねー。
実はこう見えて顔はわりと狙い通りでして二次元作品の場合、髪とか眉毛とかアイポイントがありますんで、それなりに似せやすいかなーと。

しかしまあ結局、当方の場合は前回の画像や以前作った小さいフィギュアなど顕著なのですが、修正や分割で切断する際の余計な手間を省くためにいつも芯材を入れてないんですね。
もちろん、アルミホイルやパテ/粘土を固めた棒等は使いますが、やはりそれは骨格ではないんです。
そのあたりのズボラが筋肉の乗せ方で辻褄が合わなかったり、骨折したフィギュアになっちゃったりしてたんですね。

そう考えると市販フィギュアは破綻なく造形してあるワケでして、やはり習うより慣れろ、慣れるよりパクれ!
と、家中の完成品フィギュアを見本にしようとしましたが、当方完成品フィギュアには全く興味が無いもので‥
あったのは大昔に塗ったヘビーゲイジ作ファルコと、子供用SICのアギトのみ。
ファルコはもちろん大変参考になるのですが、鎧とマント(ローブ?)で筋肉はほとんど見えません。
逆にアギトは変身状態にもかかわらず最低限の筋肉表現が施してあり、それなりに収穫はありました。

というわけで会社のお昼休み、急遽マッチョフィギュアを買い求めに近所の中古屋さんにダッシュした所、ありました↓
a0160573_1502360.jpg

海洋堂/レッズの北斗の拳200X リュウガ!ほぼワンコインでした。
画像の通り、いきなりマント剥がして購買意欲を削ぐ彩色(マスターペインティングの技は十分に判りますが、この頃の中国のレベルが残念)の上にプラサフをぶちまけてますが、パーツの繋がりを見ると驚くべき事に、このポーズで原型作ってあるんですね!

さらにリヴォルテック前夜の山口分割の妙が炸裂してて非常に興味深いです。
メリハリの効きすぎた筋肉表現もさることながら、原作通りデヴィットボウイに似ている所も秀逸です。

いやー、結局のところ当方も忘れじの北斗系を作らうとしてるんですね。ガンダムはムズイし。
本当はリヴォルテックの獄長あたりが立体資料としては最適でしょうが、あまり買っちゃうと作る気無くなりますもんね。

あ、百式はちゃんと完成しております。
a0160573_2104729.jpg

では!
[PR]
by sei-saku | 2014-09-23 02:10 | セーサクtoon | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku