<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

1/35 MBT-70 Kpz.70 3

いやー、急に暑くなりましたね。毎度プラモ日記です。
なんて事はない素組のはずなんですが、まあチンタラ作ってますねえー!
a0160573_2132261.jpg

20mm機銃の造作ですね。キットは機銃の仰俯角は可動するものの、上下高さは固定なのでレール部を加工してちょっぴり可動するようにしてみました。(キットの説明書通りだと一番高い位置で固定となります)
キューポラ内部が淋しいので弾帯の代わりに給弾レールを追加、さらに駆動モーターも適当なパーツから追加
しておきます。
a0160573_22113032.jpg

このように収納状態も再現可能です。が、ハッチはヒンジが細かすぎるので開きっぱなしで諦めました。
さすがに機銃本体がステーでハッチと連動し開閉するギミックは当方のようなお気軽野郎には到底無理な話です。

あ、そういえばサーチライトのパイピングも追加していました。レオ2以前の西独MBTには必須ですね。
a0160573_22435458.jpg


さーてさて、こんなカンジで組めました!所々流し込み系接着剤で装甲板にテクスチャーを入れてみましたが、戦後車輌なので大人しめです。
a0160573_22472462.jpg

a0160573_2247496.jpg

いやー、なかなか存在感あります。そろそろサフりますかね‥
と、思ったら、車体後端の部品を片方無くしてしまいました!
a0160573_22581765.jpg

ウーム。とりあえず他のパーツのサフを吹きながらしばらく考えた後、仕方がないので作る事に!
a0160573_2322380.jpg

まあこんなもんです。車両によって穴があいてないようなので敢えて違うタイプにしました。
当然反対側も。また、リアフェンダーに分厚い泥除けゴムが付いた車両(ミュンスターにあるキットの元になった車両?)もあるので付けてみるのも一興かと。

次回は塗装編ですが‥あれ、MBT-70って70年代でしたね。という事は当時の車体色ってオリーブドラブだったんじゃ?
またオリーブドラブか~オモロないな~、かといって指定のグリーン一色ってのもなあ‥と、考え中でつづきます。
では!
[PR]
by sei-saku | 2014-05-28 23:10 | セーサクtanks GER | Comments(0)

1/35 MBT-70 Kpz.70 2

あ、どうも。ここ最近なぜか忙しいセーサク者です。いやはやありがたや。

それにしてもビジャ!よーく頑張った!2強以外の制覇は02-03のバレンシアまで遡りますかー!
と、ちょっと遅れ気味ネタですいません。とりあえずリーガは来季も楽しみだぞっと。

ではプラモデルです。
そういえばターレット、車体部品とも面積が大きく歪みが出そうだったので裏側を補強していました。
平面構成の多い戦車模型ではセオリーですが、考えたらタミヤのプラ材ってホント便利ですね、安いし。
a0160573_20521960.jpg



ごちゃごちゃした構成が戦後車輌の魅力。
a0160573_20543569.jpg

ターレット周辺ですね。まあ、引き続きその他もろもろ組み立てていますが、ハッチのヒンジはピンバイスで開口し延ばしランナーで止め開閉式にしてみました。

またwebで画像を調べてみると、防楯、ザウコプフ?に鋳造時の刻印があるのでランナータグから文字を切り取って再現してみましたが、ちょっとウソくさいですかね?防楯形状ともども考察中です。
a0160573_2132922.jpg


とまあ、この程度しか進行しておらず、イマイチパンチに欠ける記事ですいません。
なので恒例?のネタ披露‥
a0160573_217317.jpg


‥毎度のエポキシパテ一刀彫!(実際はデザインナイフ2本使ってます)
いやー、1/35の西ドイツ戦車兵って市場にないんですよね~
なので箱絵をたまに見ながら適当にチマチマってますが、シューマッハとかドイツ人って顔小さいよねーっと、思いながら削ってたら1/36スケールくらいになってしまいました。

個人的に今後はシュバインシュタイガーやセンデロス(スイス人)くらい凶悪な顔作れたらなーと思います。
ま、ネタなので完成するかどうかは毎度不明です。では!
[PR]
by sei-saku | 2014-05-20 21:16 | セーサクtanks GER | Comments(0)

1/35 MBT-70 Kpz.70 1

‥すいません。またしても連投です。
ここ最近、本業が忙しかったりボール蹴ったりプラモたりファミコンたりで、なかなかPCに向えずプラモ日記をズボラしてて申しわけありません。
先般、ゲパルトを作ったと思ったら仕事で隣国に出国!帰国後すぐに玉蹴りトーナメント戦参戦と、あれよあれよというまにゴールデンウィークに突入してしまいました。

連休序盤は自宅待機で再びトラックやガンプラをチマチマ弄ってたりしましたが、連休後半に宿を確保し、予定が組めたので毎度の阪神方面に行ってきました。

ということで三宮の某店で性懲りもなくコレ↓買ってしまいました。
a0160573_22474971.jpg


ドラゴンモデルが放つブラックレーベル、待ってましたの冷戦構造が生み出した怪物(キワモノ?)MBT-70!

いやー、トランペッターの粉々モデルT80~90系やメンモデルのメルカヴァMk.3あたりと購入を悩みましたがどちらも部品数と構成でトゥーマッチ感が強かった事と相変わらず魅力的なヴォルステッド氏のボックスアートだったのが購入の決め手。(アカデミーのマガフがあったら迷うことなく買ってましたが)


しかしまあ、中身を開けてみると実にアッサリ!試作車両で装備品やゴムスカートが無い事を差し引いてもアッサリ。
もちろん一部スライド金型使用でスマートキットとしての再現性は絶品なものの、部品構成や勘合は一昔前を彷彿とさせます。オマケにスモークディスチャージャや各フックのチェーン、エンジングリルのメッシュも付属しません。
価格的な事を考慮すると‥やはりアイテム的にマニアックなんでしょうかね?大戦ものと比べ売れる数が違うんでしょうが、今や模型趣味自体致し方ないご時世ではありますね。

さて、さっそく組み立てるワケですが、足回りは大変残念ながらチャームの車高調整機構を再現していません!
ということでガンプラあたりからポリキャップを物色することに‥。
a0160573_23183743.jpg

忘れじの未開封ハンマハンマにぴったりサイズの3mm径があったので流用。
サスアーム片方で6個、計12個使おうと思いましたが、スペース的にはみ出るので半分にカットして使いました。
a0160573_23243798.jpg

さらにスプロケの勘合も曖昧なのでポリキャップ(タミヤの余り)内蔵、3mm軸はサスアーム含めHGUCメッサーラ(特に意味無し。ただ精度は国産キットが一番)のランナーを使いました。
それとアイドラーホイールのダボも弱そうなので2mmのプラ棒に変更。可動式にしておくと車高変化に際して履帯テンションが調整できて便利です。
a0160573_23312964.jpg

こんなカンジでドドーンと!車体長はレオ2ほどでないにしろターレットがM1並みにゴツイのでそれなりに迫力あります。

そして車高変化!
a0160573_23342324.jpg

すいません、ターレットがタミヤのレオ2になってます。これも塗らねば‥。

それにしても子供の頃、図鑑で見るだけだった最強戦車がプラモデルで作れる時代が来るとはなんとも感慨深いです。
じつは米国版のMBT-70の方が車体構成が違ったりバラストが付いたりでカッコよかったりしますが、そのうちリリースされるんでしょうか?
うーむ、あとコンカラー戦車がインジェクションキット化されたら個人的戦車模型は終了かも知れません。

そういえば近頃タンクタンクタンクばかりですが、ソフトスキンも当然買っています。
a0160573_2346234.jpg

あれー!
[PR]
by sei-saku | 2014-05-13 23:46 | セーサクtanks GER | Comments(0)

1/35 FLAKPANZER GEPARD 

いやあ、一気に暖かくなりましたねえ!
おかげさまで覇邪の封印もクリアし、現在はヘラクレスの栄光に挑戦中ですっ‥

あ、プラモですね。ハイ、ちゃんと完成しております。今年度初完成(脱力)という這う這うの体ではありますが。

さて、前回までで基本塗装は完了しております。
デカール貼りですね。キットだけではさみしいのでヴェスぺの余りデカールからテキトーに‥全く考証ゼロです(良い子はマネしてはいけません!)。
a0160573_2059227.jpg

デカールが良く乾いたらクリアーコートします。今回はガイアのフラットクリアーを使いましたがなんでもよいでしょう。
足回りはマホガニーベースで適当に、エリコン砲はメタルカラーのアイアンをエアブラシ。履帯は適当ブラックグレイにメタルプライマーを混ぜて吹いておきます。
a0160573_2134688.jpga0160573_2155356.jpg

各部塗り分けが終わったらアルコール落としを敢行します!
a0160573_216552.jpg

以前使ったタミヤアクリルのダークイエローを使う予定が、アルコールと反応してお餅状になっていたのでセラムコートで適当ダークイエローを作り、疎らに吹きました。

では落としましょう!ホームセンターで買った燃料用アルコールはコストパフォーマンスに優れますねえ。
a0160573_21114277.jpg

ドロドロ‥うーん汚い。オマケに汚れのトーンも上がり過ぎてちょっと‥まあこんなもんです。
そこで、ウォッシングで落ち着かせるワケですが‥
a0160573_213091.jpg

まあ、塩梅を見てテレピン(エナメルシンナーの代用)やアルコールで汚れを付けたり消したり‥実は今回、面倒臭いので油彩を封印しているのでした!

そんなこんなでできました!
a0160573_21561547.jpg
a0160573_21564928.jpg
a0160573_21592129.jpg
a0160573_21594590.jpg


まあ、超脱力のわりに完成まで3年と1週間掛かってしまいましたが、こんなもんでしょう。

そういえばプレイバリューとしてサスアーム可動にしてました。ではまた次回。
a0160573_21452912.jpg

[PR]
by sei-saku | 2014-05-13 21:35 | セーサクtanks GER | Comments(0)

連休!

いやあどうも。
バレンシア惜しかったなあ!と、リアルタイムネタをはさみつつ、最近こんな事やってます。
a0160573_22522412.jpg


‥覇邪の封印ファミコン版。
昔買った時、メタルフィギュアがダイカストで泣けました。もちろん塗装しましたが。

ということで、しっかりゲーム攻略しながらもプラモも作っていますので今しばらくお待ちください!

では
[PR]
by sei-saku | 2014-05-02 22:56 | 日記雑記 | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku