<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0160573_21154531.jpg

どうもこんばんは、ようやくデジカメも何とかなったので、クロムウェル戦車ヴォクソールターレットタイプ完結編です。
a0160573_21264525.jpg

登ってますねえ‥では改めて総括しましょう。
さかのぼること数年前、タミヤ傑作キットのチャーチルクロコダイルを無理やりチャーチルMK.VIII CSに改造して随分経ちますが、パーツのドナーとなったセントーのプラモデルが在庫として丸々残っていたため、巡航戦車シリーズとして何となくクロムウェルで組むかなーと、お手軽気分で取り組んでみました。
a0160573_21362352.jpg

テキトーに資料を調べているとチャーチル戦車に似た鋳造砲塔に天板を溶接したヴォクソール社タイプがあったので、オモロイかな?とついつい手が滑ってしまいました。
しかしまあ、当然試作型なので溶接車体に前後フェンダーや雑具箱、スモークボックス位置と増加タンクなどキャバリエに通じる初期型タイプに改造しましたが、転輪ゴムの穴埋めやポイントの15.5インチ幅広履帯の導入は諦めました(スミマセン)。
a0160573_21391245.jpg

車体の改造はそんなカンジで、英国本土演習型のアースカラーで仕上げました.
Webで色々調べていくとドラキュラ演習として有名なM4A3シャーマンとクロムウェル、そしてセントーの性能試験の動画に行き当たりまして、当然セントーはスロー過ぎてアクビがでるぜ状態なんですが、超堤試験でシャーマンだけ登れない!という面白いシチュエーションがあり、手抜きのベルト履帯も生かせて丁度いいなと、試験演習中をヴィネット仕立てでまとめてみました。

ではキャストです。
a0160573_21591452.jpg

焦ってる?コマンダーです。エポパテを2時間くらい削ったら案外できてしまいました。
なかなか革ベストの戦車兵ってすくないなーと、思い服装を決めましたが、単に手抜きです。
顔の造形&塗装、フィッティングがヒドイです。
a0160573_2241588.jpg
Wahtever!

次に軍属?メカニック、こちらもエポパテです。
服装は全くの出鱈目無考証ですが、顔は某ロックスターをマネてみました。まあ微妙ですね。
a0160573_2271849.jpg

こちらの士官?はブロンコの体と安心の品質ホーネットヘッド。
正直、造形がしっかりしてると塗り易いですね~。
a0160573_22124773.jpg


おっと忘れてはいけません、ドライバーもいます。
丸窓からコンニチハの方は何となくイタレリのセットから使ってみましたが、プラモデルと共演させるとフルスクラッチエポパテ人形の意義が霞んでしまいますねえ、今後の課題です。

ということで最後は題名です。
a0160573_2220354.jpg

シャーマンは登れない不思議な壁。ということで。

結局のところクロムウェルだかセントーだかよくわかりませんねー。
ではまた次回。

[PR]
by sei-saku | 2016-04-27 22:24 | セーサクtanks UK | Comments(0)

2016 春の陣

あ、すいません、クロムウェルの完成!と、息巻いたものの諸般の事情によりまして後日UPさせていただきます。

改めてどうも、セーサク者です。いやー、春ですねえ、連休も近づいてきました!
何とか本業の納期も間に合い、趣味の方でもイベント事にお邪魔させてもらったりしまして、僭越ながら中四国AFV大会に初参加させていただきました。

‥画像が無くて申し訳ありません。どうも最近デジカメの具合が宜しくなく、当日は撮影できませんでした。
まあ当然のごとく拙作は大した事ございませんでしたが、何というか、リアルさよりも案外模型的作り方って大事だなーと、痛感しました。

そんなこんなで徹夜明けのイベントからヘロヘロの一週間が過ぎ去ろうとしていますが、やっぱりモケーです。
a0160573_22275197.jpg

なぜか1/16ドラゴンのオットースコルツェニー グランサッソのプラモデルを作り出しました。
タミヤの1/16フィギュアでも良かったんですが、近所に売って無いわスクラッチもシンドイわで買ってみました。顔はよく似てて良好ですが、モナカ人形の宿命でテーパー側のモールドも甘く体がボクシー、ポーズも硬く四肢のバランスが悪いため、さっそく切ったり削ったしてます。
このシリーズ、結構ラインナップされてたように思いますが、どーりで完成品を見ない訳ですね。

そしてもう一つ作り散らかしてしまってます。
a0160573_2235249.jpg

なぜか唐突なフジミのF348!
いやー、なんか赤い箱車でもサクーと作りたいなーと思い、1000円を切る値段だったのでついつい買ってしまいましたが、フラッグシップのスーパーカーは大変そうだし、リアルタイムだった355辺りを作ろうかな?と、考えつつも、まったく似てないのも困るので348と相成りましたが、やっぱり気になっちゃうって事でチョコチョコしてます。
そういえばハセガワもリリースしてましたね。ボンネットのメッシュフィンを切り出した時に思い出しました。

んまあ、そんな感じで鋭意脱線中ではありますが、連休中に仕掛のファイアフライの塗装も予定していますし、M10系もさっさと片づけてしまねばなりませんね。

ということで、次回はデジカメを新調してからUPしたいと思います。

PS うーん、やっぱりもう少しメリハリが必要ですねえ‥
a0160573_2244926.jpg

[PR]
by sei-saku | 2016-04-23 22:42 | 日記雑記 | Comments(0)
こんばんは、相変わらずテンパってますが新年度です。
a0160573_21441431.jpg

というわけで結局セントー色になっちゃいましたのクロムウェル戦車です。

まあ毎度の備忘録でも。
a0160573_2149789.jpg

前回はサフまでこぎ着けたので、凹部にさっそくマホガニーを吹いていきます。
久々マホガニーを使ってるような気がしますが、黒顔料が多いのか案外隠蔽力無い色ですねえ‥今後はカラーサフでも試してみようかな。

a0160573_21543441.jpg

今回は以前作ったリー戦車用デザートカラーをベースにブラウンやら白黒を加えてアースカラーを作り、クレオスのダークアースを目安の基本色にして明るい色と暗い色と作りましたが、ちょっと赤味が強くなりました。
まあ後々彩度は落としていくのでこんなもんでしょうか。

a0160573_220525.jpg

そういえば今回はゴムリムの大径転輪ということで、マスキングして楽をしてみました。
ブラックは毎度の白を少し足したオフブラックです。

a0160573_223264.jpg

しつこいようですがこんなカンジです。
その後、適当なキットからデカールを算段して貼っていきますが、車体番号についてはバーミンガムレールウェイキャリッジワゴン社が生産したクロムウェルMk.Vの範囲で決めましたが、Mk.IのT121150~T121406の範囲の方がよかったかもです。
また、シチュエーション的に1943年秋頃、英国本土駐屯中の第9機甲師団所属となりますので、フィリップグリーンウッド御大に習いパンダを描きたかったところですが、力量不足から第27機甲旅団のタツノオトシゴとなりました。
それにしてもタミヤの素ブレンガンキャリアのデカールは便利ですねえ、あとはクロムウェルのデカールが手に入れば色々楽しめて良いんですが‥いい加減買いなさい!というやつですね。

a0160573_22512780.jpg

いやー、デカール後、艶消しクリアを吹いてアルコール落としかましてしまいました。
まあ、この通り彩度が高くてもアルコール落としを行うと明度も上がり色調が飛んでしまうので最近は気にならなくなりました。(というか、アルコール焼け含めてフィルターとして使っているような‥)

それにつけても、メンテナンスの行き届く国内演習でこんなドロドロになるか?という疑問もありますが、もともとウソキメラ戦車なので雰囲気重視でございます。
a0160573_22593399.jpg

さあ次回はいよいよクロムウェルII完結です!
[PR]
by sei-saku | 2016-04-04 23:00 | セーサクtanks UK | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku