<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0160573_00333616.jpg
どうもこんばんは、唐突にアップしましたが、労働の秋でもあり芸術の秋でもあります。
そう、ド田舎鳥取の地で年に一度のお祭り?ガンダム屋さん主催のイヴェント、ガンパクが今年も賑々しく開催されています!

いやー、いつもお店にはお世話になっているので、ヘボヘボながら当方もきったない戦車ばかりでなく何か別のアイテムをイヴェントの末席にでも‥
という事で、以前お店で購入したソフビキットを塗り塗りしてみました。

a0160573_00430575.jpg
まずはサフですね。当然ソフビ(PVC)なので、下地処理が必須です。マルチプライマーなど透明性のある物の使用も考えましたが、一部市販完成フィギュアと同様に無垢材のインジェクション成型(簡易?)部品があるため、パーティングラインの視認のため、グレーのプラサフ(ホルツ)を吹きました。

いやー、見事な造形で驚異的なモールドです。昔はここまで細密なソフビだとピンホールがあったりしましたが、成型も見事です。
とりあえずブラック吹いてみます。
a0160573_00492350.jpg
ライティングで陰影が出てますが、続いてなんとなく白を吹いてみます。
a0160573_00503825.jpg
あれれ、初期化してサフ状態に戻ってしまいました!個人的にはB&W技法をマネようと思ったのですが‥最近の白は進化してますねえ。
a0160573_00520980.jpg
またテキトーに赤を吹きます。確かフィニッシャーズのナントカレッドだったと思います。
当方はファンタジーのセンスが無いので安直に赤にしてしまいましたが、テキトーエアブラッシングでもしっかりモールドが映えますねえ、造形が確かな証拠です。

とかなんとか、当方は最近筆塗りに妙に固執しているので、こっから先は筆で塗ります。
a0160573_00562098.jpg
ウォーハンマーのガイドブックをカンニングしながらドライブラシします。
懐かしのメタルフィギュア塗装を彷彿とさせてなかなか楽しいですね。
赤ばっかりじゃ芸がないので、登頂は黒or茶色に振ってみませう、近所の文具屋で買ったアクリル絵具(安い!)でグラデを付けます。

引き続き、ファレホ、シタデル、アクリラ、アクリラガッシュ‥といった家にある水性アクリル塗料総動員でドライブラシをカサカサして、良きところで艶消しクリアコート、仕上げに油絵具のバーントアンバーでウォッシングすると‥
a0160573_00595012.jpg
徹夜をするまでもなくできました。
ベースは木目(導管)がモールドされているので、テキトーにウッド?風味としましたが、やはりテキトーすぎました。センスゼロです。

ちょっとアップで。
a0160573_01053737.jpg
そういえば目玉はグロスなので艶を出すワケですが、当方はクリアでもメディウムでもなくマイクロのリキッドデカールを塗りました。
もちろん意味はありません、単なる代替品です。

いやー、中学生以来のソフビドラゴン塗装でしたが、やはりファンタジーで大事なのは想像力だと痛感しますね~
ここまで素晴らしいキットをティーンネイジの頃に塗ったらさぞ面白かろう‥と、夢想しますが、そもそも当方には技術力ありませんでしたね!

といったところで、最後は背面の画像
a0160573_01403387.jpg
一応こんなカンジで、とくに意味はありません。では!








[PR]
by sei-saku | 2016-09-25 01:21 | セーサクothers | Comments(0)

2016秋の陣

どうもこんばんは、引き続き労働の秋を満喫しているセーサク者です。もう虎舞竜の労働とかジャッキーのドラゴン労働とかザ労働ウォリアーズのロマン優光の方というくらいヘロへロ状態ですが、お陰様でサイコブレイクも無事クリアできました。
さて、今回は仕事日に挟まれた日曜に大阪の日本橋で開催された2016年関西AFVの会にお邪魔させていただきましたので、その感想でも。

あ、今回はちゃんとデジカメ持参したので、目に留まった作品を恐れ多くも勝手にUPさせて頂こうという他力本願寺な日記でござります。(問題があるようなら削除します)
その前に一応当方の拙作です。(さすがにトップ絵が人様の作品というのも何なので編集させていただきました)
a0160573_21082968.jpg
んまーこんなもんですね。

それでは皆様の力作をご覧くださいませ。
a0160573_02282683.jpg
まずはマーダーIですね。確か受賞なされた作品です。
細部工作、全体の色バランス、オプションの配置、全てにおいて隙がありません。
しかもRPMのキットだそうで驚愕物です。
a0160573_02282738.jpg
1/72スケールでこれも驚愕!目が追いつきません!

a0160573_02282644.jpg
フルスクラッチのモロッコグミエ兵です。造形もさることながら衣装のストライプが綺麗でハンパないです。(サンダルも)

a0160573_02282637.jpg
不覚?にもアルマータってカッコイイと思いました。

a0160573_02282603.jpg
こちらはT90ですね。ギトギトの車体前面とグロスの砲塔天面のギャップにもえました。

a0160573_02242511.jpg
そしてT72。リアクティブ装甲のはっちゃけぶりに目を瞠りました。

a0160573_02282693.jpg
反対側にはジミヘンが降臨!時代的にベトナム戦線ってサイケ直撃ですよね。

a0160573_02242483.jpg
スペインからのゲスト作品。B&W技法ですね。

a0160573_02274540.jpg
タミヤの旧4号です。過不足ない工作とフィギュアの良さが光ってました。

a0160573_02281264.jpg
良い色味のピンクと暗すぎないグリーンのバランスが素晴らしいランドローバーです。

a0160573_02282684.jpg
コリアンウォーのパットンですね。トーンを統一してもディティールが埋もれない、丁寧なカラーモジュレートは流石です。

a0160573_02213742.jpg
ビネット仕立てのタミヤ新製品。キットの良さを生かした作りとレイアウトの良さはもちろん、バラスの変化や建物のドアのブルーなど見所は多いです。

a0160573_02242581.jpg
フルスクラッチのタトラ社 装甲トロッコ?製作者の方はネット環境に依存してないそうで、工作はもちろん考証力にも頭が下がります。

a0160573_03212670.jpg
そして最後は冒頭のマーダーIのアンテナに止まったトンボです。
当然、羽はクリアパーツ‥ウーム超絶。

とまあ、勝手にコメンタリーさせていただきましたが、個人的には吉岡先生に自身の拙作を批評して頂く機会を得て、あまりに的確なアドバイスに眼球ごと落っこちる衝撃を受けたり(ありがとうございます!)
また、20数年ぶりに知人に会ったりで‥あれから時代は5周以上回ってるワケですが、20数年前も当方はちょうどM10やファイアフライ作ってましたっけ!

という事で、次回は拙作の怪しいM10完結編ですが、そのー、明るいうちに撮影できるかどーか。
で、では。

[PR]
by sei-saku | 2016-09-20 03:51 | 日記雑記 | Comments(0)
どうも、もう9月ですね。エエ、当方は相変わらず会社の馬車馬、労働の秋を満喫しております。
とかなんとか、数年前に予約購入してたサイコブレイクを今更プレイしてたりするのですがオモロイですねー!残業でヘロヘロボロ雑巾状態の現実世界とリンクするような‥あ、時間が無いわけでもないという!まあ、ズボラですね。
ということで、タミヤM10も‥
a0160573_21344397.jpg
塗装は前回で終わっていたので艶消しクリアスプレーを吹いて定着させます。艶消しになると筆ムラも目立たなくなって良いですね。
a0160573_21344356.jpg
その後は毎度のアルコール落とし。今回は界面活性剤を含むアクリル溶剤を先に塗り、焼き付き防止としました。
a0160573_21344350.jpg
ガサガサとアクリル塗料を落としているのかウォッシングしているのか白っぽい画像で判断できませんが、毎度の工程ですね。
そういえば履帯も用意。昔懐かしタミヤ20年以上前購入したA3のダックビル付きポリ履帯を使ってますが、塗ってしまうとなかなか良いですね。
オマケにウォッシングしても全然平気という‥いいんですけどねえポリ履帯。
a0160573_21344347.jpg
まあそろそろ完成です。‥が、もちろんフィギュアも用意してます。
a0160573_21344336.jpg
なにやってんでしょうか!
現状マスターボックス3人ミニアート3人タミヤ3人そしてアスカ1人といった感じですが、アスカ兵はファイアフライ用なので迫力重視で顔小さ目。マスターボックスは先日買ったシビリアンばかり。ミニアートは皺表現がオーバーな時代の物を整理がてら使用しましたが、最近の製品は打算的モールドが少なくなっていいですね。そして大御所タミヤはなんだかんだ言って間違いないです。‥それにしても多すぎ!
ということで、では。

[PR]
by sei-saku | 2016-09-13 00:08 | セーサクtanks UK | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku