<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

1/16 Wiking Division Hungary

こんばんはどうも!気が付いたらもう春ですね、3月前になんとなく苦し紛れに更新します。
a0160573_22035747.jpg
突然ですがー、ドラゴンの1/16ウォリアーシリーズ作ってます。
えーと、こちらはSSヴィーキング師団所属の兵士で、1945年ハンガリーということは春の目覚め作戦時でもモデライズしてるんでしょうか。
ザックリ調べたところ、このキットはシリーズラインナップ最後期に発売されたようで、無垢の足パーツやらお顔のモールドやら手の分割やら初期のヴィットマンさんに比べ結構凝ってますね。

反対側です。
とーりあえず、ヴォルスタッド画伯の箱絵を見ながらあちこち切り刻んで再接着してみました。
はあ、毎度ビフォー画像が無いのであんましピンときませんねー(作ってる本人もスッカリ忘れてます)

おっと!
こちらも1/16ウォリアーシリーズのネイビーシールズ、カンボジアということはホーチミンルート妨害の軍事顧問団あたりでしょうか?
このキットはラインナップ初期なので、四肢が短く顔が小さいのでノビノビ作戦発動、腕も足も1mm以上伸ばし、顔も顎で延長したら口が開いてしまいました!

例によって反対サイドも‥
a0160573_22035713.jpg
冒頭のウィーキング兵に比べ薄着ですので、ファティーグの皺を結構彫り彫りしてますが、タイガーストライプを入れる頃には気にならないかもです。
個人的に以前作ったパットン戦車宜しく80年代末のベトナムウォーズムービーに感化されたクチですので、実物の軍装品やら馴染みも多くドイツ兵作るより楽しかったりしますが、模型市場的にはイマイチ盛り上がりに欠けますかね。

そういえばウィーキング兵の1/35版も昔作ってました。
a0160573_22035824.jpg
この時も箱絵に似せようとしてもちっとも似てないので、MP-44のスリングを方掛けしてしまいました。顔の塗装というか、顔の下処理が残念です。
ということで、意味なし比較‥
a0160573_22035770.jpg
まあ1/16スケールなら表情も作りやすいですね。もう戦争も末期、負け負け作戦の連続で師団にとって苦労の連続であった戦いの終わりも間近に迫った頃でしょうから、少しでも微笑ませたい所です。(あーでも親衛隊だ!)
右手はシガレットではなくシガーを持たせようと画策しておりますが、左手はアサルトライフルと同等の重さのプレシジョンベースを持ってセルフ確認したところ、キットのように曲げないと保持できない事がわかり、画像の撮影後に再切断しました。

んで再接着、いや、最初にまっすぐにしたので再々接着ですか。
a0160573_22035861.jpg
この後、ヒートペンで皺を馴染ませていくワケですが、作り方的には子供時代に読んだ1986年のホビージャパン誌におけるマエストロ、ムッシュ越智氏のフィギュア改造記事と大して変わってませんなあ。

それにしても、例えプラモデルでも切断したバラバラ画像を載っけるのってレーティングに抵触するんでしょうか?
あ、今回は以上ですー。

[PR]
by sei-saku | 2017-02-28 23:02 | セーサクtanks other | Comments(0)
And baby, you'd better believe!
a0160573_20392079.jpg


ということで、どうも。ハイ、完成しておりますポーラライツ エースフレーリー 地獄の軍団LPジャケットバージョンキット!
ウーン、今更ながらこのキットって箱にサインがあるように、れっきとしたシグネチャーモデルなんですねー。

それでは前回の続きから‥

a0160573_20392108.jpg

顔を塗る前なので、微妙に前後してますが、エアブラシパートが終わり仮組んだとこですね。まあ、往年のヒデキを彷彿とさせますがー。

では、スペースマンのペイントを始めましょう!
例によってファレホ/ゲームカラーやシタデル、アクリル絵具総動員で塗り塗りしていきます。
て、画像ではイキナリ終わってしまってますね。もうロボコップでも助清でもありませんが、鉄拳っぽくはありますね。
前回懸案だった大きくなってしまった目はメイキャップにより案外目立たなくなりました。
しかしまあ、目を細めにしたオリジナルのスカルプティングをリスペクトするあまり、目の間隔まで弄らなかったので、ソックリさん度はちょっと低めです。
a0160573_20391992.jpg
ズラを付けた完成状態ならまあ十中八九エースフューレイですね。ズラもメイクパターンも76~77年風としてみました。
あ、そうそう、このキットは今を去る1998年発売の無塗装版キットで、てっきり当方はオーロラキットの再販かと思っていましたが、パチピタな嵌合のわりにオリジナルオーロラより劣るモールド、80年代までメイクギミックを引っ張ったバンドコンセプト、アルバムデストロイヤー発売当時のオーロラ社の経営状況、中古市場で旧版の存在が見当たらない、更によーく説明書を読むと原型師紹介とか載ってたりで、結局ポーラライツオリジナルの商品と思われます。
どうせ新規開発なら当方のようなニワカ者はドレッシードトゥキルバージョンだと渋いな~と思いますが、エースならラヴガンの腕組みVer.も渋いですね。

最後は毎度の意味なし背面画像。
a0160573_20392011.jpg
スクリューキッドなラフシルバー部は結局クレオスの隅入れ塗料で仕上げましたが、ちょっと小汚くなりました。
それと、メタリックミッドナイトブルーマイカの黒部も艶消しクリアでコートしてしまいました。案外、顔が生々しくなってしまったのでスケールモデルフィギュア的トップコートとしましたが、基本造形は牧歌的であり顔造形諸々中途半端ですいません。

さあ、とりあえず今月も完成品ができたので来月に向けてムーンレイカーモデリングを本格始動!と、行きたい所ですが‥
a0160573_23193617.jpg
こんなの買うてしまいました!んまあ、ムービーモデリングといえばムーンレイカーも同じなんですが‥
思わず在庫してるタミヤの1/20マクラーレンM23作りたくなりますね~

それではまた近日!


[PR]
by sei-saku | 2017-02-22 21:48 | セーサクothers | Comments(0)

1/10 KISS Ace Frehley 2

こんばんはどうも。いやー、大雪当たり年ですか、無理はできる時に無理しましょう!

という事で、2月に入ってようやく更新、毎度ズボラでスイマセン、それではエースフレーリーのプラモデルキットの続きです‥

a0160573_23185348.jpg
ローック!!!!!
すいません、なんか違うものが乗っかってますが、実にストレートなロックンロールモデリングでベースの岩を塗ってしまいました。
一応、青やら黒やら茶色やらエアブラッシングしたような気がしますが、特に拘りや意味はありません。

引き続いて、体のブラックと顔や手の肌色をブバブバ吹きます。
肌色は何時ぞやのリー/グラント戦車製作時の適当調色サンドカラーをまんま吹き、髪はブルーを混ぜたブラック、衣装は画像で見るとブラック系となりましたが‥


a0160573_23185409.jpg
光を当てるとこの通り、指紋が!いや、マイカミッドナイトブルーメタリック‥これは昔々KISSメンバーがそれぞれソロアルバムをリリースした時、ジャケットイラストにアクセントのイメージカラーが使われており、ポールはヴァイオレット、ジーンはレッド、ピーターはグリーン、そしてエースはブルーというインパクトが個人的に強く、フツーのブラックカラーも面白くないかな?と、思い何となく使わない青を下塗りしたりパールを吹いたりクリアブラックとディープクリアブルーをコートしたりと意味不明な事をやらかしてみました。まあほとんど買ったけど使わない色のデータサンプリングですね。

なんて事をやってたらグロスブラックの塗膜も自然と厚くなってきますから衣装のシルバー部分を塗っていきましょう!
a0160573_23185477.jpg
これまたテキトーにマスキングして‥在庫のグンサン瓶入りシャインシルバー!いや、同様のギラさを持つラフシルバーを使ってみました。
(なんとなくシャインシルバーのクリアは濁っており、若干金属粉が含まれているようなので結局テスト吹きのみで使用せず)
とにかく金属的質感とは違うイメージにしたかったのですが、なんか一昔前のマクラーレンみたいになってしまいました。
まあ、足のギザギザモールドとか見てるとスクリューキッドのプラモデルかい!と、錯覚してしまいます。
そういえば乱入コンビのプラモってポリ関節導入したりして微妙にバランス良かったような‥。

あと、顔部品の面相のほうも進めたりで、ロボコップ改め‥

a0160573_23185192.jpg
助清っぽくなってしまいました!
もちろん彫り直したペインティングの筋彫り線があるので犬神系モデリングは回避できそうですが、ちょっとつぶらな瞳になってしまいましたね。
目と目の距離も近いし似てねー!もうちょっと整形するべきでした。

さてさて、長官はこんなカンジで冒頭の違う人と一味?の方もチマチマと‥
a0160573_23185383.jpg
リチャードキール氏扮するジョーズはずいぶん印象が変わってきました。どーもキャノンボール方面に行きそうな雰囲気ですが、若い頃の画像を見るとフンテラールに似てるような‥すいません、当方の勝手な所見です。

それでは、次回はジャガーさん完成編です。
あ、先日、ラジオでひっさびさにニューヨークグルーヴ聴きましたが、グラムっぽくもありますね!
では。

[PR]
by sei-saku | 2017-02-14 00:25 | セーサクothers | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku