<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017 春~

どうも、ようやくボール蹴れたセーサク者です。
いい加減クリスチー系巡航戦車の最高峰をUPしなけらばなりませんが、部品取りに使用したタミヤのクロムウェルをマトモに作ってみたいなあーと思ったりしているうちに、興味が巡航から重突撃方面に行きそうなので、夏も近いですしそろそろノルマモデリングも進めないと‥
ってな状況ですので、とりあえず最近のセーサク物をつらつらと。
レベルの1/48ユーロファイターですね~
忘れ時の同社F1プラモユーザーにしてみればシャープなモールドや細い筋彫りなど、ランナー状態から本気のドイツレベルってやるなあ!といった印象。ただ、実際組んでみると‥
いやイマイチ?普通?なイタレリよりはマシなような、ま、当方は飛行機模型の経験値が低いため、とりあえず様々なメイクスのキットを作らう!というエクスペリメント作り散らかし日記でもありますね。
という事で近代キットも!こちらは巨大なアヴァンギャルドモデルキット1/48 フォックスハウンド!
新しいだけにスライド成型部品ビシバシでパスパス組めるので、あっという間に作業台を占領して撮影不能状態に。
あんまりデカいので、LED内蔵してみました。途中断念しかけましたが、やっぱり‥という行き当たりばったりモデリングで点火位置がおかしいため、この角度が限界ですね。
a0160573_02171268.jpg
いやー、1/48トーネードがデカくてビビったのは遠い昔の話、勢い付いてレベル(旧モノグラム?)の1/48フォックスバットもパスパスやっちゃいました。
Mig-31より翼幅大きくて強そうですねえ、一説によるとこのモノグラムフォックスバットは部品分割やディティールに共通項がある事からハセガワの‥という説も散見されますが、いや案外シャープで似てますよ、オール凸モでデカいけど。

ええ、此処へきて急にボルシェビズムなロシアンセーサクと化してますが、実はニワカながら好きだったんですよロシアンジェッツ。
先日のバッカニアが人生初ジェット機プラモ~と、宣ってましたが、スッカリ忘れていただけで子供の頃にタミヤのフィッシュベッド作ってました。
その後、随分経ってからフォックスバットのドストレートなシルエットとフルクラムやフランカーなどの優美な曲線が対照的で面白く、どちらも興味を持ってチラチラとプラモを探してましたが、何しろ経験値が無い故に厳密な考証による徹底工作/筋彫り彫り直し/リベット追加/レジン製シートにエッチングベルト交換/完璧なリサーチによるコーションマーク/そして、最低限の塗膜によるエアブラッシング‥諸々が基本にして必須なコンテンツかつ、東側のキットは総じて厳しい(西側もわりとですが)という風に勝手に思っておりまして、古くはアカデミーのフランカーやらフルクラム、近年ではキティホークモデルのフォックスバットなど空振り三振状態で入手することもままなりませんでして、ようやく買ったのがタミヤ/イタレリのお得なフルバックという有様。

という事で結局、展示会に向けたノルマモデリングのお陰でやっぱり↓のようなキットも購入したりしてますが、やっぱキティホークモデルのキットを入手し損ねたというファクターは大きいですね。
a0160573_02171397.jpg
まあ、そんなカンジの春~夏ですね、では塗ります。


[PR]
by sei-saku | 2017-05-21 22:48 | セーサクtanks other | Comments(0)

1/35 A34 Comet 4

サフ前で引っ張りすぎてすいません。いやー、久々休めましたのセーサク者です。
先日、何となくハンバーグを作ったんですが、繋ぎに食パン一枚使ったらミンチ肉と同量になってしまいパテがベトベトして焦ったんですが、取り合えず焼いてみたら火の通りも早くフンワリ焼き上がり、北欧大型家具店のミートボールのようなクリーミーな味に近くなりました。
また、今年の連休は好天に恵まれ過ぎたので、インドアアクティビティ派の家族をグルメでなだめすかして尾道の秘密を探りに出かけた所、当然の如く渋滞と人々の行列に遭遇。まあ、これも観光地の賑わいという点で風物詩かと思うので個人的には気になりません。
ちなみに尾道の牡蠣はわりと大振り(シーズンの日本海産もデカイです)かつ濃厚な味わいで、なかなかの食べ応えでした。
あ、尾道の秘密は暴けませんでしたし、おのみちおくんにも会えませんでした!(でも、ゲームはホントよく再現してますね~)

なんて、関係ない書き出しですが、サフりましたのコメット戦車。
何がどうだったか随分忘れてしまいましたが‥
a0160573_22380262.jpg
そういえばファイフ地方とフォーファー地方が同じ連隊になっていますが、ローランダーとハイランダーの違いは良いんでしょうか?
また、イギリスっつたら、ペールエール。でもスコティッシュならスコッチ!兵士の休息にバランタインやらジョニウォカは必須だったのでは?
そして、お茶請けのクッキーはアスカの部品を常備してますが、中身がショートブレッドだと最適ですよね⁉
‥なんて、ニワカ丸出しで妄想しながら作ってましたね~。
a0160573_22380277.jpg
あ、コメットは仕様としてMk.IBで作ったので分割式ノルマンディーカウルとフィッシュテールマフラーのフタ?付きとなっております。それにしても頑丈なリアフェンダーですね。一応実車画像を参考にリベットを追加しましたが、キット純正のリベットがゴツイゴツイ。
排気部分の鋲接ですが、資料を見ると溶接車体のA24、つまりキャバリエ戦車もいくつかはコメットに変身したようですね。
このへん、クロムウェルのF型でも鋲接/溶接車体どちらも見られるので、愉しみっちゃあ愉しみですね。

では吹きます。以前作ったファイアフライやウルバリンはマホガニーのスプレー下地でしたが、影色にしてはパンチがないので、テキトーな黒(多少白入ってます)で下地色を塗りました。

と、その前に車内を塗らねばいけません!ええ、一応作ってますよの図です。
a0160573_23063715.jpg
あとは本体色の塗装ですね。例の如くグリーン4段階のテキトーカラーモジュレーション‥いや、今回はメリハリ重視でハイライト色を減らしたから3段階でダークめに‥
a0160573_23063629.jpg
カラーモジュレーションというよりインチキ臭い黒立ち上げになってしまいました。慌てて塗るもんじゃないですね。
しかし当時は翌日出発のケツカッチンの作業工程でした。グリーンがいまいちオリーブっぽくないのは、その後ウォッシングのローアンバーで色調変化すると皮算用したからです。

あ、そうそう、一体は暫定ですがドライバーを閉じ込めないと車体が接着出来ないので塗りませう!
a0160573_23063623.jpg
暫定フィギュアは天下のアルパイン製、ウォッシングでテカテカしてますが、ポーズ共にさすがのクオリティです。
まあ、ドライバーは‥そういえばイタレリ兵でしたねえ‥。
a0160573_23063845.jpg
今一度、しつこいですが搭乗します。この時は組んでしまうと中身がほとんどというか全く見えない!とは微塵も思ってませんでした。
これにて運転席は見納め!
どうでもいいことですが、最近、ヒートペンの導入でモディファイ以外でのパテの使用や瞬間接着剤の出番がめっきり減ってしまい、異種素材接着のため久々に使ったら、開封済みの瞬間接着剤の賞味期限が過ぎてしまってちょっとアセりました。

‥といったカンジで、次回はコメット最終章、完成編(AFVの会後、ちょっと手直ししましたが)です‥
が、連休モデリングやってましたのでオマケで載っけておきます。
a0160573_23331850.jpg
1/72 レベルのバッカニアをサクサクと‥て、コレいにしえのマッチボックス製なんですね。武装も増槽もない、インパネや床もデカールもほとんどない湾岸仕様だったんですけど、無理矢理ラウンデル付き迷彩にしちゃいました。
当方、エアロモデルは在庫キットが少ないのでデカールの算段に苦労しましたが、1/48キットからパクった蛇の目がデカ過ぎですね。しかもパテレスサフレス、考証レスのイージーモデリングなのでお恥ずかしい!(色がわからないのでパイロッツも載ってません)‥しかもピンボケ。

といったカンジで、ではまた。

[PR]
by sei-saku | 2017-05-08 23:45 | セーサクtanks UK | Comments(0)

セーサクのコーサクでコーカサス!画像をクリックしまくると拡大する場合があります セーサクモケー 旧製作日誌はどこいった?


by sei-saku